ブログ

緊急保育所整備 

連日暑いですねぇ。いよいよ伊勢・志摩サミットが開催されます。
それにしても、沖縄の事件といい、武蔵小金井の事件といい、何の罪もない女性たちが理不尽な暴力によって亡くなったり、傷つけられたりしていることには、本当に憤りを感じます。背景にある問題は異なるものの、女性として、母親として、とかく標的とされてしまう若い女性の身を守るためにできることを考えていきたいですね。

今日、25日は長男の35歳の誕生日。娘は先ごろ結婚しましたが、こちらの長男は、ひと昔前で言うパラサイト・独り者・気楽な山男です。(我が家にとっては困った兄ちゃんですが、山登りは奥深いものがあるようです)

18日の臨時議会で、監査委員を拝命しました。今回で3回目になりますが、キャリアを生かして、しっかりと仕事をしていきたいと思います。所属委員会は区民生活委員会と議会改革特別委員会です。
今回の臨時議会では、保育所整備のための補正予算が提案されました。

今年の4月時点の保育所待機児童は136名。当初計画と追加の計画で、来年4月に1079名の増とする予定でしたが、調査の結果、更なる入所希望者の増加が想定されることから、4月18日に「すぎなみ保育緊急事態宣言」を行い、第二弾の整備計画で1141名分を追加し、トータル2220名を確保することになりました。

杉並の認可保育所の整備率(就学前児童人口に対する認可保育所定員数の割合)は、23区中20位(平成27年4月現在)と、正直、毎年頑張ってきている割には認可保育所の数は少ないのです。今回は、整備のための時間は1年とタイトとなることから、区が保有する土地・建物を提供するという枠組みで、11ヶ所提案され、その内7ヶ所が認可保育所とする計画です。

ただ、今回の11ヶ所の中には、4つの公園が含まれていて、公園の利用者や近隣の住民の方々から嘆願書が出され、多くのご意見をいただきました。委員会の議論の中でも、「待機児童解消のために、保育所整備は必要で賛成」という区民と、「区民の憩いの場や遊び場を残したい」という区民が対立することにつながらないか、というような意見も出されました。

私は、先の予算特別委員会で会派を代表して意見開陳しましたが、その中で、「あらゆる角度から施設整備可能な場所を洗い出し、さまざまな手法で、年度の途中でも受け入れる努力をして欲しい」と要求しました。その意味でも、保育所整備は歓迎するもの。公園用地の利用についても、十分な説明と対話を求めています。整備予定地などの詳細や、意見開陳の内容など、次でもう少し詳しくご報告しますね。

















 

いろいろな出会いがありました(^_^)v

個人的なことで恐縮ですが…

昨日は、高校時代の卒業生との「還暦同窓会」が母校の東京女学館の学食で行われました。「学食」?と思ったけれど、校舎全体が改築されていて、今時の学食の雰囲気。久しぶりに母校を訪れるのも、感慨深いものがあり、なかなかステキでした。そして、お世話になった先生方もお見えで、恩師の「自分の人生を良く生きて!」とおっしゃった言葉が、とても心に残りました。

そして、娘が正式に結婚という運びになり、先方のご家族とお会いし、何だか目くるめく日々を過ごしています。(友人のお孫さんの話を聞くととても羨ましかったのですが、これでようやく、私もババの仲間入りができるわ(~_~;) こればかりは、神頼みですけど…)

さて、産経新聞によると、

原子力規制委員会が廃炉も含めた運転主体の見直しを勧告していた高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県)について、政府が存続の方針を表明することが14日、分かった。文部科学省の有識者検討会が月内にも報告書をまとめた後になる見込み。規制委が文科相に対し勧告の回答期限のめどとしていた「半年」はすでに過ぎているが、いまだ現在の日本原子力研究開発機構に代わる受け皿の具体案は出ておらず、実際の存続は不透明な状況にある。(以下は長くなるので略します)

ニュースなどでの報道ではないので、何とも動きが定かではないですが、今後も注視していかなければならないと思います。


区議会では、明日と明後日、臨時議会が開催され、保育所の緊急整備計画とそれに伴う補正予算の審議が行われる予定です。
詳細については、また、ご報告しますね。


 

休み中に、思うこと

連休も終盤に入ってきました。私は比較的ゆっくりしている休みになりました。毎日、新聞やニュースの報道で、各地で起きていることを見聞きしているのですが、気になるのはお天気と熊本地方の地震と被災者の皆さんの状況ですね。

 

そして、連休に入ってから、各地で起きている交通事故の報道。私は、運転歴40年ほどになりますが、動体視力が落ちてきていることや、感覚の衰えを感じていて、駐車場でのバック移動などは、神経を使います。改めて、車との付き合い方を考えさせられる今日この頃です。

 

今日の「子どもの日」。15歳未満の子どもの人口は1605万人で35年連続減少、昨年との比較では15万人の減少で、過去最少と、少子化に歯止めがかからない状況です。また、こどもの日は、「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福を図るとともに、母に感謝する」という趣旨の祝日とされていて「母に感謝する」という趣旨も含まれているんですね。(知らなかったわ)それにしても、新聞各社が取り上げた子どもの日のコメントは、貧困や格差、虐待といった、今の日本の子どもが置かれている厳しい状況を指摘するものばかり。何とかしなければ!!

 

3日は、憲法記念日でした。昨年の安保法制の成立を受けてか、今年のように、憲法のことを改正か護憲かという対比で取り上げられたことは、いまだかつてなかったのではないかしら。選挙権が18歳に下げられたことや、夏の参議院選挙で投票できることもあるのかもしれませんね。

 

憲法9条の改正については「改正すべきだと思わない」とする人が半数を超えたとの調査の結果も報道されました。いずれの団体も、自治体の施設を使って集会を行うケースが増えてきているとのことで、自治体としても、憲法について考える機会の提供ということで、許容しているのでしょう。消費税増税の延期と憲法改正が参議院選挙の争点になり得るなどとも取り沙汰されていますが、とんでもない!!多くの国民が歴史を知り、「憲法」の意味を深く考え、議論を深めていかなければならないし、そのためにはさまざまな機会や時間が必要だと思います。


1