ブログ

「杉並フェスタ」に行ってみよう!

朝夕、寒く感じる毎日ですね。

 

今日、夕方、地下鉄丸ノ内線に乗ったら、ハロウィーンの仮装をした6人ほどの若い女性の集団と一緒になりました。何に仮装しているのかは、分からなかったのですが… (>_<) 顔や手、首は白く塗り、メイクは、ゾンビ風の子もいれば、普通のメイクの子もいて。驚いたのは、新聞紙で作ったお手製のドレス。新聞紙とは思えない出来栄えで、感心したり、寒くないかと心配したり。年々盛り上がっていますねぇ。巷のにぎわいを横目で見ながら、というか、近づかないようにして国会議事堂前まで乗車。国会議事堂前では、TPPに反対する方々が大音響でシュプレヒコールをあげていて、このギャップに正直クラクラしました(>_<)

 

月が替わると、5日、6日の土日は「すぎなみフェスタ2016」が開催されますので、その内容を少しお届けしておきます。

場所は、いつもと同じ 桃井原っぱ公園 (杉並会館や西荻区民センター・勤労福祉会館)

 

● オリンピック・パラリンピックをテーマにした企画

  5日は、11:20〜 車いすフェンシング選手 安直樹氏

      6日は、12:25〜 川合俊一氏がビーチバレーの魅力について語られます。

 

● キャラクターショー 広場では大道芸人のパフォーマンス

● 熊本県や大分県の被災地を応援するための、物産展

● さんまの無料配布(両日ともに、1000本ですって)

● 杉並フェスタ限定パエリャ

● パン祭りとスィーツフェア(店舗、障がい者の事業所が出店)

● 農業祭も開催されます(10時から即売会、6日には、宝船の宝分けがあります。

   約300名に12時から整理券が配布されますから、早めにゲットしてくださいね)

 

近所の施設、西荻区民センター・勤労福祉会館でも両日ともに、さまざまなイベントを行っています。私がぜひとも行ってみようと思っているのが、地下2階の体育室で行われる「移動式プラネタリウムの投影会」

科学館の廃止後、理科教育の一環として「移動式」というスタイルでプラネタリウムの投影会を行ってきています。

 

メイン会場の「原っぱ公園」から、歩いても数分の場所ですので、足を伸ばしてみてくださいね。

 

 


第三回定例会 報告

秋晴れの日が多くなりましたが、暑かったり寒かったりで、何を着ていいのか分からないようです。金曜日と土曜日は、秋の恒例の「阿佐ヶ谷ジャズストリート」(今年は22回目です)で、賑わいました。それにしても日々、嬉しいことよりも、心が痛むことが多いですねぇ(>_<)

そんなことばかりに、目がいってしまうからかしら…。先週末の鳥取県の地震、宇都宮の爆破自殺事件、そして、相変わらず無くならない集団暴行事件での中学生被害者の死亡等々。

 

先週は、1820日、区民生活委員会から北九州市、堺市、富士市に行政視察してきました。

一方で、1121日まで、足掛け2週間にわたって次男が高齢者施設に職場実習に行っていて、我が家はてんやわんやの日々でした。現在、来年の卒業後の就労に向けて、福祉的作業所にするのか、一般就労にするのか、悩み中ですが、やはり、企業で働くってことは厳しいですねぇ。実習生とはいえ、福祉の現場ではギリギリの人手で運営されていますから、いろいろな仕事をこなしてきたようです。「トイレ掃除なんてできるかしら?」と心配でしたが、トイレをピカピカにできるようになれば、それも一つの能力upだと思います。

 

                                        

 

                                                         せっせと、手すりを磨く 春都 です (^_^;)

                         

 

さて、第三回定例会で可決された議案の主なものの内容を記しておきますね。

 

補正予算

★富士見丘小学校を移転し、富士見丘中学校と一体的に整備するため、高井戸公園に隣接する企業用地(王子ホールディングス株)の購入費と物件補償費 

   ⇒約40億4400万円(地方債)

 

  ★子宮頸がんワクチン予防接収による副反応被害者、傷害補償保険金 ⇒2800万円

  ★保育施設の整備費(10件)⇒約 1億4300万円

★上井草3丁目、定期巡回・随時対応型訪問介護勧募事業所(24時間対応型)に、家賃、敷金の助成 ⇒ 約1100万円

★学童クラブ受け入れ枠拡大に要する修繕費経費(西荻南・西荻北・和田中央)

  ⇒約4200万円

B型肝炎ワクチン予防接種の委託 ⇒約6400万円 (今年10月から定期接種化)

★狭あい道路拡幅整備費用 ⇒約1億4000万円

 

議案として、

 西荻南区民集会所の集会室兼音楽室を、同施設に併設されている西荻南学童クラブの受け入れ枠増のために、  育成室へと転換(現在、区全体の学童クラブ待機児は84名。)

 

損害の賠償が2件

 一件は、公務中の庁有者と、自転車の接触事故の賠償。

 もう一件は、区立こすもす生活園での事故。足湯を実施する際に、十分に湯温を確認しなかったために起きた、熱傷への賠償です。利用者さんは、重度の身体障がい者ですから、どれほどの痛みだったか。福祉の現場で二度とあってはならない事故です。

 

 

 

 


第三回定例会 終わって ホっ (^_^;)

金木犀の花が散り、青梅街道にの銀杏並木では、そこここに銀杏が落ちています。すっかり秋らしくなって、朝夕肌寒く感じられます。もうじき、紅葉の季節がやってくるのかと思うと、本当に時間が経つのが早いですね。

 

14日に、第三回定例会、終了しました。今回の議会では、施設再編整備計画や実行計画の改定にからんで、重点政策である保育所整備・高齢者施設整備・災害対策を中心に、学校施設の再編・空き家対策などが議論されました。これから検討されるもの、検討中のもの、具体化されるものと、一気に杉並区のあちらこちらで、さまざまなことが動きだしているという感じです。

 

来年度4月に保育所待機児童をゼロにするために、1000名の受け入れ増を図るために、公園用地を保育所に転用する提案も、未だに地域には反対する方々がいらっしゃいますが、区長自ら、責任を持ってやり遂げると意欲を示しています。保育園に入園できなければ、働けない、生活できないという母親のことを考えると、(実際に、私もご相談を受けた女性は、入園がかなわず、仕事を諦めざるを得ませんでした)優先されるべき政策ですが、公園はかけがえのない区民の財産でもあります。会派としては、今回は緊急的な取り組みということでやむを得ないものの、代替地の整備や区民と十分に対話の機会を設けることを区に要請しています。

 

今後は、国家戦略特区の活用による都市計画公園(都立和田堀公園)への保育所整備が予定されています。国有地や都有地に保育所や高齢者施設整備が幾つか示されていますが、国や東京都と蜜に連携し、計画どおりに進むことを期待したいところです。

 

統廃合した、学校の跡地利用のことも議論になりました。永福南小学校跡地については、紆余曲折ありましたが、永福体育館を移転し、体育館を活用する。そして、特別養護老人ホームと重度身体障碍者支援施設を併設、さらに保育所もビーチバレーコートも整備の方向で進みつつあります。

 

永福体育館跡地については、保育所・永福図書館・地域コミュニティ施設へ。杉並第八小学校跡地は、特養ホーム・保育所・高円寺図書館・地域コミュニティ施設へ 等々、跡地活用のプランも示されています。

 

杉並第一小学校については、河北病院が建て替えのために隣地を購入されたということで、状況が変わることは事実で、空地や周辺の「みどり」を含めたまちづくりの観点から、少し様子見ということになるのではないでしょうか。

 

幾つか記しましたが、長くなってしまったので、可決された議案の内容は次に報告します。

 

今回は、観光やアニメ施策についても、話題になりました。4年後のオリンピック・パラリンピックに向けて、杉並区としても積極的に外来のお客様を迎え、地域の活性化につなげたいところ。特色の一つとして、アニメ施策も話題になります。ウルトラマンが誕生してスタートした場所は、杉並公会堂からだとか。そして、10年を迎えた杉並区のゆるキャラ「なみすけ」の誕生10周年記念が区役所で行われていたので、その写真をアップしておきますね。

 

   

  なみすけタワーです。約120個(匹?)の集合体。

 

   実物は可愛いのですけど…

 

   写真になると、可愛さが伝わらないですね〜

 

   
                    

 

 

 

 

 


1