ブログ

待機児童結果報告

連日、朝鮮半島の情勢が報道されています。とにかく心配!!で、目が離せないです。私たち一国民にできることは、地下シェルターがあるわけでもないし、とにかく外交で平和的に収束することを祈ることくらいですね。

 

先日、26日は61回目の誕生日。あんまり、めでたくもないので、お祝いもしないのですが、娘がお祝いのケーキを作って訪ねてくれました。初めて焼いたシフォンケーキで、ショートケーキにしました。嬉しい、ささやかな幸せを感じるひと時でした。ちなみに4月26日は、チェルノブイリ原発の事故が起きた日なのですよ。(私が30歳の年、1986年のことです)

 

 

 娘が作ったバースデイケーキ

 

 あまり形が良くないイチゴだったので、スライスして乗っけることに。

 ワイルドな出来上がりです。

 

 自立している一粒イチゴは、弟のために。

                  

 

 

 

 

 

 

さて、今回は保育所待機児童について報告します。

昨年度は、待機児童解消緊急対策として40施設増、2348名の定員を増やした杉並区。緊急整備に際しては多くの反対意見や施設建設の際の近隣住民へのクレーム対応、保育士不足などの困難を抱えつつ、何とか今年度を迎え、その結果が注目されるところでした。

 

18日の結果報告によると、待機児童の数は国の定義によると5名。杉並区の独自の定義によると、30名という結果になりました。

今年度の認可保育所等申込者は、昨年度に比べると482名の増加。緊急対策を実施しなければ、520名の待機児童で最悪の事態になっていただろうという試算もなされ、まずまずの結果だったのではないかと思います。

今後も、需要の高い杉並の東部エリアでの整備を重点に、30年4月開所に向けて、引き続き精力的に取り組んでいくこととされています。

 

そして、今後の課題として議論されていく「区立認可保育園の民営化」については、区立認可保育園の基幹的役割、役割を担うために必要な量的ボリュームはどの程度必要なのか、障がい児対応を担う役割 などの見極めが重要だと思います。

 

文章の中で触れた待機児童の数。算定するのに、国の定義と自治体独自の定義と2つの考え方があるのですが、そのことについては次回に。

 

 ん


「愛の手帳」更新に思うこと

4月は、暖かくなるのと同時に、新しい生活に切り替わる時期で、出会いや別れが同時にやってくる時ですね。

私も、歓送迎会などがたくさんあり、この時期でないと会わない方とも久しぶりにお目にかかりました。ようやく一段落したところです。

 

我が家の次男、春都も新しい生活にようやく慣れてきたところですが、私のほうは慣れないお弁当づくりに、四苦八苦している状況です(*_*;

 

今日は、「わいわい和田祭り」に行ってきました。私は、初めて伺ったのですが、地域の町会・自治会、区民センターの運営協議会、消防署など、地域ぐるみでの協力のもと、障がい者交流館が中心になって開催される祭りです。さわやかなお天気だったことと、地域の皆さんが楽しみにしていらっしゃるのでしょう、驚くほどたくさんの来場者でした。

 

今回は、日ごろから一緒に活動している「ぷれジョブの会」の子ども達に、会場入り口でのプログラム渡しをジョブ(お仕事)の場として提供してくださり、5人の子ども達が2時間ほど、活動しました。たとえ車いすの重度障がいのお子さんでも、直ぐにできる立派のお仕事なんですね。

 

始めは、緊張した面持ちの子ども達もニコニコと積極的に、時には強引にプログラムとぷれジョブのパンフレットをお渡ししていました。春都は、人や場になじむのに時間がかかるので、最初は極度に緊張していましたが、サポーターさんが子ども達一人一人に気を配り、適格に声掛けそしてくださるので、次第に笑顔になって楽しんでいました。

 

2時間ほどで400部のパンフがはけてしまいました。途中、杉並区のゆるキャラ「なみすけ」と「なみい」がやってきて、にわかに騒然としました(笑)

 

金曜日には、「愛の手帳」の成人更新に、東京都精神障がい者センター多摩支部(府中市)まで行ってきたのですが、スポーツセンターも併設されていて、多くの障がい者や高齢者が水泳や運動をされていました。知り合いのガイドヘルパーさんと、利用者さんにバッタリ会ってビックリ!知り合いの方が水泳の講師をやっているとのことで、わざわざ府中まで通っているんだそうです。(思いがけず、ちょっとした視察になりました)

 

ここでも、春都は”ど緊張”で、IQテストもありましたが、精神科の医者から「100点満点中、何点くらいだったと思う?」と聞かれても、本人は「???…」状態で、「正解か不正解かも分からないでしょうし、そもそも点数をつけるようなテストは受けたことないので、そう言われても、本人は何て答えていいのか分からないと思います」と私が注釈するような始末。IQを知ることも、知的レベルの一つの尺度ではありますが、この結果と心理の専門家からのわずかな時間のやり取りで、愛の手帳の度数が決まることに、いささかの疑問を持ちました。

 

 

 

 


1