ブログ

めでたい!めでたい!

5月の終わりに、姪が3人目の子どもを無事に出産し、可愛い写真を送ってきてくれました。とにかく、赤ちゃんは無条件に可愛い!! 元気に生まれてきてくれたことに感謝です(^_-)-☆

 

昨日、ようやく議会最終日。

本会議は午後1時から開始なので、ボランティアの受け入れに関して、近所の馬橋児童館に打ち合わせに行ってきました。

というのも、知人のお嬢さん(お母さんが日本人、お父さんがアメリカ人)がアメリカで暮らしているのですが、日本に里帰りしている間、地域の公的施設でボランティア活動をしたいというお話。アメリカのハイスクールでは、ボランティア活動が必修となっていて、約一ヵ月間、一週間に20時間ほど活動した結果を、書類に記録してもらって学校に提出するのだそうです。

 

いろいろ検討の結果、馬橋児童館での受け入れが実現しましたが、ちょうど、近所の馬橋小学校と児童館が連携して、英語のプログラムを実践し始めたそうで、彼女の英語力が児童館での日々の遊びで役に立ちそうです。こういった要請を児童館が快く受け入れてくれたことに感謝・感謝で、一か月後が楽しみです。

 

さて、前回に引き続き、保健福祉委員会での報告事項などの詳細を記しておきますね。

 

まだ、個別具体的な話にはなっていないので、質疑は多くありませんでしたが、来年は保健福祉計画が改定される予定です。計画案が10月頃までに作成され、11〜12月に議会報告、そして、パブリックコメントにかけられます。

 

保健福祉計画に包含されるものは、結構たくさんあって ⇒ 地域福祉計画、成年後見制度利用促進基本計画、母子家庭等及び寡婦の生活の安定と向上のための措置に関する計画、次世代育成支援行動計画、母子保健計画、健康増進計画、食育推進計画、がん対策推進計画 が、含まれる計画。

 

美奈さんの生活に密着した身近な計画もたくさんありますので、パブリックコメントの際には、よーく注意してご覧になって、ご意見など出してくださいね。

 

そして、別途個別に計画が作られるものは、データヘルス計画・特定健康診査等実施計画、老人福祉計画・介護保険事業計画、障害福祉計画・障害児福祉計画(これは、新規で策定するものです)、子ども・お育て支援事業計画 等々です。トータルで17本の計画がぶらさがっている計画の改定となります。いずれも重要な今後の3年間を(30年から33年)展望するものですから、さまざまなご意見をお聞かせくださいね。


保健福祉委員会

5日の阿佐ヶ谷駅南口の夕方の駅頭は、滝のような豪雨雨。松原仁都連会長が、都議選の予定候補者の西村まさみさんの応援にみえるということで雨にもめげず決行しましたが、終わる頃には雷雷がゴロゴロいいだし、怖かったぁエクステンション建物の中にいることが多いので、さほどに感じていなかったのですが、雷はゴキブリよりも嫌いかも。外で、しかも近いところでピカッ ゴロゴロ ドーンとやられると、飛び上がるほど怖かったです。

 

さて、6日は保健福祉委員会でした。議案は、ゆうゆう下高井戸館の児童館への移転に伴う条例一本だったのですが、報告事項が多く、5時前までかかってしまいました。委員長なので、終始ピリピリし通しで、疲れました。

 

ただ、委員の一人一人の、質問する時間は公平に十分に確保しなければならず、どうやってもハショる訳にはいかいのです。保健福祉委員会は分野が広く、日々行政は動いていますので、これからの委員会も長い議論になりそうです。

 

ゆうゆう下高井戸館移転。

高井戸第三小学校に併設されていましたが、下高井戸児童館の2階(かつて、学童クラブだったスペース)を改修し移転するもので、子どもと高齢者が同居する、多世代型の施設となります。

 

日常的に子どもと高齢者が交流できる場として、さまざまな触れ合いが自然な形で生み出されるというメリットに期待する一方で、リスクもあるだろうという議論のもと、責任の所在や、大規模災害等が起きたときの対応などを明確にし、複合施設だからこそマニュアルなどの作成が必要という意見がありました。

 

改修にあたり、アスベストが使用されていた部分があることが判明し、撤去工事をすることになったため、当初予定されていた開所時期が延びてしまい、10月からの開所となります。

 

その他、報告事項は、

 

杉並区保健福祉計画等の改定に向けた考え方

待機児童解消緊急対策の結果報告と今後について

30年4月開設の認可保育所の整備と運営事業者の選定結果について

上井草保育園の民営化に伴う運営事業者の選定結果について

臨時給付金の支給状況について

都営久我山一丁目第2団地建設計画に伴う都からの提供用地について

(仮称)天沼三丁目複合施設の整備について

 

でした。いずれも重要な案件ばかりですね。詳細については、次回に。

 

 

 

 


1