ブログ

女性特有の月経関連疾患についての勉強会

私の拙い文章では、正確に伝わっていないのでは…と思いますので、パワーポイントの画像で見にくいのですが、アップしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


女性特有の月経関連疾患の勉強会

23日に、自民党の吉田あい議員の呼びかけで、〜女性の健やかな生活と活躍をめざして〜として、月経関連疾患に関する勉強会が開催され、出席しました。

 

講師はアトラス レディースクリニックの院長でいらっしゃる塚田訓子先生(杉並産婦人科医会/日本子宮内膜症啓発会議会員)でした。現状や課題、今後取り組むべきことなどを、無駄なく、そしてよどみなく解説され、一時間の解説はあっという間に感じられました。

 

今回の勉強会は月経関連疾患ということでしたが、更年期障害や最近増加している子宮内膜症に関するものでした。女性議員をはじめ女性の職員、そして男性議員も出席していて、関心の高さが感じられました。女性に限った病気ではあるものの、身近な職場の女性やパートナーに対して男性として知っておくことは、とても有意義なことだと思いますし、男女問わず、是非多くの方に知ってもらいたい問題だと思います。

 

私自身30歳の時に、卵巣腫瘍で手術をした経験があるのですが、入院している時に子宮内膜症の術後という方と知り合う機会があり、多くの方が極度の月経痛と倦怠感で日常生活がままならない程であること、周囲の人の理解が無く(と言うよりは、その当時は子宮内膜症という病気への認知度が低かったのが実情でした)怠けていると思われていたこと、等の悩みを聞きました。

 

あの頃から30年程経っていますが、女性の社会進出が進み働く方が増加、そして晩婚化、晩産化など、ライフスタイルが大きく変化してきている中で、月経痛に悩む女性が増え続け、治療が必要な月経困難症の患者は800万人を超えると推定されているそうです。しかし、通院や治療をしている患者は潜在患者数全体の約10%程度であろうという調査結果だそうです。

 

婦人科受診することは、よほど酷くなるまで躊躇してしまうものですが、女性が自分の体を守るためには、かかりつけのクリニックで気軽に相談できたり、受診できるような風土を作っていくことも必要ですね。女性が自分の体のことを知り、守ることができる知識や情報を持ち、仕事をしたり結婚して子供を産むという自信の人生をコントロールできる力を付けていくことが重要だと思います。

 

塚田先生は、正しい知識を身に着けるための、公教育の現場での周知や学校や職場での検診の充実、社会全体での啓発活動を充実させること などを提案されました。

 

 

 

 

 

 

 

 


町内会の防災研修バスハイク

「お暑うございますぅ〜💦」と、言いたくはないけれどつい口から出てしまいます。

水分補給に気を付けながら、今年は塩タブレットと買って舐めるように心がけています。

 

昨日は、例年行われる町内会の防災研修のバスハイクに次男と共に参加してきました。

毎年開催されるのですが、なかなか日程が合わず、久しぶりの参加となりました。

 

江東区にある国の「東京広臨界広域防災公園・そなエリア東京」で、体験学習〜その後中華街まで移動し昼食〜三渓園を見学という、ちょっとゆっくりとした一日になりました。観光バスに乗って臨海副都心の景色を眺め、中華街や三渓園を散策するという、比較的楽ちんなはずなのに、帰ってきたらものすごく疲れてしまって、役員さん達は、どんなにお疲れだっただろうと思います。

 

町会の役員さんや民生委員さんなどは、少しずつメンバーが替わって若返っていたりするのですが、多くの方に知的障害がある次男の顔を知ってもらい、どんな特性があるのか、何が苦手なのかをご理解いただきたいという思いもあり、何時も次男と楽しみながら参加しています。

 

この施設は東京で大震災が起きた時、国の緊急災害現地対策本部が設けられ、指令本部となる場所です。

「そなエリア」は、大地震が起きた時に、国や自治体の支援体制が整うのは約72時間後。その72時間、つまり3日間がお何とか自力で生き残るための、耐震対策や知識を身に付けてもらうための防災体験学習施設です。

 

改めて、家具の転倒防止、ヘルメットや防災頭巾(私は、不要になった靴も寝室に置いています)、水を始めとした備蓄品、簡易トイレを準備しておくこと、そして家族の安否確認のための「171」の使い方の確認、共有が重要だと思いました。

 

                 

 

              

                     そなエリア東京のエントランスで

          

 

 

 

              

                            三渓園で 

 

 


西日本豪雨災害 杉並の取り組み

西日本の豪雨災害、酷いことになってしまいました。

亡くなられた皆さまのご冥福をお祈りし、また被災された皆さまがたの一刻も早い日常生活への復帰を願っています。

 

山口、広島、岡山には何人か親戚がいるので、心配しました。地震でも台風でもないのに、命にかかわる水害が起きるということを、気候の変動が起こりつつあるということを改めて認識し、常に意識して、水防対策を行っていかなくてはならないってことですね。

 

呉の広古新開という町に住む叔父に連絡をしましたが、近所の川の橋が壊れて流されたものの、甚大な被害はなく無事でいる。でも、断水で10日間、水が無かったのには参ったと言っていました。それにしても、この叔父82歳なのですが、居ても立っても居られないので、被災現場でボランティア活動をしているそうで、「泥水との闘いだ」と。頭が下がります。

 

この叔父、大の舩が好きで海上自衛隊に入隊し最後は教官で退官した後、ボランティアで若い人達にカッターを教えたり、今でも山登りをしたりしています。規律正しし生活ぶりや、自律の精神は見習うところが多く、私はいつも感心させられることばかりの叔父なんです。

 

話が逸れてしまいましたが、13日、杉並区では岡山県の総社市に災害救助の部隊を派遣しました。

どこの自治体にどのような救援が必要ですかと呼び掛けても、現場は収集がつかない混乱状態で、区としてもなかなか動けなかったそうです。結果、これまでも災害支援の相互協定のもと、ご縁のあった総社市に人的支援を行うことになりました。清掃職員を中心とした区職員5名、社会福祉協議会からボランティアコーディネイトの業務のための職員を2名派遣しています。

 

ハード面の災害対策はもちろんのことなのですが、各地から集まるボランティアの配置や救援物資の支給などが、とても大変だと聞いています。せっかくの思いを無駄にしないためにも、あらゆる角度からシミュレーションしておくことが重要ですね。

 

総社市は、かつて保健福祉委員会の委員長の時に、行政視察を行った町で、確か「障がい者の千人雇用」の取り組みを視察したと記憶しています。この時にお会いする機会がありましたが、片岡市長は私より少し若く60前の方で、新しい取り組みを積極的に進め、バイタリティー溢れ行動的な方という印象でした。暑さ厳しいですが、頑張って〜✊

 

 

             

                   

 

            

 

 

 

 


ご無沙汰になってしまいました

区長選挙以降娘が体調を崩し、孫の面倒をみたりで、日々バタバタと過ごしていました。もう、7月なんですね。

 

ここ数日の西日本を襲った豪雨の影響、心配です。

今年も西日本を中心とした豪雨の被害情報が続々と入っています。九州や広島で頻発している河川の氾濫や土砂崩れ。度重なる災害に、どんなに恐ろしいかと案じています。父方が広島出身で、安佐北区には親戚も住んでいることや、私が住む阿佐谷北は略して「あさきた」ということもあり、とても身近に感じている地域なんです。4年前に起きた土砂災害から何を教訓にし、新たな対策が練られていたのか。京都では桂川と鴨川の様子も。暑い日に涼をとるための、「床 ゆか」のすぐ傍まで濁流が迫っていて、びっくりしてしまいました。自然災害は本当に怖いですね。毎年のようにやってくる豪雨への対策、人災としないための対策が必要です。

 

先月24日に行われた区長選挙、現職の田中良区長が3戦を果たしました。今回の選挙は、これまでの2回の選挙より数ポイント投票率が高かったものの、それでも32%程度。やはり、低いですよね。18歳から投票できるようになったにも関わらず、わずか3割の有権者しか足を運んでいないことになります。う〜ん… 

 

私は、会派としても田中区政を進める立場で活動してきましたし、56万人の人口を抱える自治体の首長として、これまでの区政をさらに進めて、充実させる責任があり、またそれをリーダーとして担える候補者は、田中候補しかいないだろうという判断から田中区長を応援しました。

選挙中にも訴えてきたことですが、今年初めて保育所への待機児童をゼロにしたことは、大きな実績です。しかし、きっと希望どおりにならなかったママや我慢しているママ達はたくさんいるはずです。実際に娘や嫁から、何か所も保育所を回って面接し、自分の目で確かめる作業は、早生まれで生まれた子供の母親にとっては、とてもキツイ作業だと聞いています。

これからも、しばらくは認可保育所整備、認可外保育所への支援、保育の質の確保に関して、たゆまない努力が必要ですし、公平性や公正性を確保するための全体への目配りがとても重要です。自宅での子育てに専念しているママ達への支援策も、充実させていきたいと思います。

 そして、高齢者の対策。まだ、900名ほどの特別養護老人ホームへの待機者がいらっしゃる。特養整備に始まり、地域包括ケアシステムの確立、認知症対策、家族介護者支援等々、高齢者施策の多角的な視点から対策を講じていく必要がありますね。

お元気な高齢者からは、マージャン台の設置を要望されるご意見もいただいたりしています (^_^;)

 

 


1