ブログ

高円寺中、フロア格子扉についての質疑

明日16から、今年最後の本会議、第四回定例会が始まります。今回は、施設運営の指定管理者の指定などで、議案自体はさほど多くはないのですが、総合計画や施設再編計画の改定に向けてのパブリックコメントの報告などを受けて、全員協議会が行われます。四定が終わると、一気に年末になだれ込み、この一年も終盤にはいりますね。

 

さて、今回は先にもお伝えした、高円寺小中一貫校の各フロアに設置予定の格子扉についての質問内容を掲載します。

時間が経ってしまいましたが、今一度気持ちを整理させ確認する意味で、掲載しておきますね。

 

この格子の扉、各階の階段脇の廊下に設置予定です。通常級のみのフロアには一カ所だけなのですが、特別支援学級が設置される2階フロアには、通常学級側と支援級側の2カ所に設けられます。

 

日常的には格納してあって、行事などで区民に開放する場合に、引き出して取り付けるものとのことですが、教育の場面では決して使用しないとの明確に言い切ってはいないことが不安材料です。また、教育委員会の見解が、ずっと学校現場で引き継がれていくかどうか…。障がいある子ども、特に体の大きな中学生の動きを制限するようなことがあってはならないと思います。

 

特別支援学級と小学生のフロアの廊下に格子戸を設置される予定だが、どこにどのような仕様の扉が設置されるのか。

 

 二階のフロアとその他3、4、5の各階に施設の区民開放時に使用するエレベーターがある。教室等の間の廊下部分に木製の格子戸を設置する

 

他の区立小中学校で格子戸を設置している場所はあるか。

 

 格子戸のしつらえではないが、特別支援学級の廊下からすぐオープンエリアだったりプレイルームだったりする部分には、区画を分けるために扉がある施設はある。

 

格子戸を設置する目的・理由。格子戸を閉める時と開けておく時を具体的に示して欲しい。

 

 施設を区民に開放することがあり、開放しない部分を分けるため。通常は格納しており、必要があれば開いて使用する。

基本的には開放するような部分が非常に多いので、そのための誘導区画を念頭においたしつらえである。

 

何故、格子戸なのか。格子戸に対しては少々抵抗がある。格子の向こうの顔は見えつつ、あちら側とこちら側に分断するもので、防災や防犯のためならば木製や極端なことを言えば鉄製でも良いのではないか。

 

 今回つけるのは格子戸で、顔がこちらからも向こうからも見える。分離とか隔離ではなく印象を和らげるものである。顔が見えて、行動の様子が分かるしつらえ。

 

私とはスタンスが違うと認識した。

今一度確認するが、防災と外部からの進入を防ぐ防犯のためにだけ使用するもので、教育活動においては使用しないことを徹底して欲しいが、いかがか。

 

 高円寺学園においては、学校全体を使って教育活動を行っていくことは、三校で確認している。

あらかじめ使用することは考えていない。

 

三点要望する。

杉四の校長の話も伺い、特別支援教育に対して強い情熱や意欲をお持ちだったし、校長が構築されたいとする教育内容には期待したいところ。学校全体で特別支援学級の位置づけや存在することの意義を共有し明確に打ち出すこと。そして、共に学び生活するための知恵や工夫を出し合うこと。

 

また、蓄積された知識やノウハウ、指導法などを体系化し、人が変わろうとも継承していく体制や仕組みづくりの構築。教師の資質向上。通常学級教師にも特別支援教育の理解を深めること。

 

今後、小中を同一フロアにすることによる教育効果や、子どもへの影響を十分に検証し、変更が必要であれば柔軟に対応することを要望するがいかがか。

 

 新しい高円寺学園で9年間の学びの連続を重んじて教育方針を議論してきた。            

 検討段階の中でしっかり認識していくべきことと認識しているので、教育委員会としても学校現場としても開校に向けて頑張っていきたい。

子供を取り巻く状況や教育環境など時代時代によって変化があるので、何が一番いいか常に考えて対応していく 柔軟な姿勢で取り組みたい

 

特別支援教育の実施から11年が経過している。新たな試みである小中一貫特別支援学級設置に当たり、区教育委員会として特別支援教育の更なる充実や今後の展望を伺う。

 

教育長からの答弁

 

済美養護の体育会に出席した。雨が降っていたが、実施するかどうか悩んだが実施された小学生入学時には殆ど立てなくて、歩こうとしなかった生徒が、今、こうやって走っている。歩こうという意識や立とうという意欲が大事だと校長が語っていた。

 

時間をかけて一人一人に寄り添い、計画的・系統的・科学的に教育していくことが大事であることを再認識した。

 

高円寺学園の特別支援教育は義務教育9年間をかけて、一貫性・系統性のある教育をしていく。そして一人の自立した人間として社会に出ていくことができるように学びを支えていくことができるようにしていきたい。

高円寺学園では小中一貫教育の環境を生かし、より密接に連携しながら、9年間見通しをもって教育ができることは大きな期待ができる。この間、計画をしてくる中で、関係者の皆さんからも成果に期待するご意見をいただいている。ご理解をお願いしたい。

 

また、杉並区の特別支援教育にはこれまでもさまざま意を用いてきた。推進計画に沿って、今後とも充実させていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 


地域コミュニティ施設について

杉並区では現在老朽化した施設の改修や改変を行っていますが、その一環として元気な高齢者の活動の場である「ゆうゆう館」を多世代が集える「地域コミュニティ施設」へと移行しています。全体の状況を見ながら進めていますので、今のところ3館ですが、私が住む阿佐谷北の「ゆうゆう館」は3年後には下井草にできる「地域コミュニティ施設」に移転する予定となっています。私も、この「ゆうゆう館」で行っている「きずなサロン」で活動していますが「ちょっとー、高齢者にとってはちょっと遠いんじゃないの」と思っているのですが、今回は優遇措置について尋ねました。

 

地域コミュニティ施設(ゆうゆう館)について

 

地域コミュニティ施設のモデル事業として取組を実施しているゆうゆう阿佐谷館、ゆうゆう馬橋館、ゆうゆう下高井戸館の利用状況は。また、多世代型とした効果は出ているのか。

 

各々の利用実績は。阿佐ヶ谷は23、036名。馬橋は、29年9月からだが、9、127名。下高井戸は、10、670名。

 

それぞれ、クッキング教室 きずなサロン 子どもと親子が集まる 交流の機会が増えている。未就学児が集ったり、事業として英会話教室も行われている。また、昔遊び クリスマスリースづくりなども、開催された。

 

ゆうゆう阿佐谷北館は、下井草のコミュニティ施設への移転が示されているが、運営事業者や活動団体、周辺の関係者には情報提供はしているのか。

 

事業者には説明していて一定程度ご理解をいただいている。活動団体には事業者から情報提供を行っている。

 

ゆうゆう阿佐谷北館の利用状況は。 

 

年間16702名が利用している。

 

 

既にゆうゆう阿佐谷北館を中心に様々な活動がなされている。下井草に移転するに際に、どのように現在の活動は継承できるのか。ゆうゆう館の機能は、地域コミュニティ施設に継承されるということだが、単に機能が継承されるということではなく、ゆうゆう館が地域コミュニティ施設になることによって、高齢者の居場所として、どんな充実が図られるのか、その展望を伺う。

 

これまでの活動は、優先枠で継承され、移転後も優先利用できるようにする。

ラウンジを利用して多世代が交流できることで、高齢者の興味や関心を深める取り組みとしていきたい。

 

 


福祉・高齢者、認知症カフェについて

本格的な紅葉のシーズンですね。東京はまだ少し早いようですが、杉並区内では、太田黒公園のライトアップが評判いいんですよ。今年は行ってみたいと思っています。

 

少し間が空いてしまいましたが、決算特別委員会での福祉の分野の質問を掲載していきますね。

 

高齢者施策

 認知症対策 (認知症カフェについて)について質問しています。オレンジカフェとも呼ばれている、認知症カフェは、自治体ごとに取り組み状況はさまざまです。地方都市のほうが、まちぐるみで身近な地域にNPOや任意団体が運営していて、数は多いような気がします。杉並区では、4団体。ちょっと寂しいかな…。私の友人は、少し認知が入ったお母さまを連れて、「きずなサロン」に通っていました。気軽に連れて入れる店や行き場がなくて、ここなら安心していられる、と。家族や本人が気軽に立ち寄れて、同じ悩みや問題を抱える人同士で話しができれば、少しは抱えているものが、軽くなるのでは。そんなカフェが、もっと沢山できればいいと思います。

 

区内では何団体が活動しているのか

 現在は4団体が活動している。

 

区としてはどのように支援を行っているのか

 広く利用していただくために、介護者の会のリーフレットを作成。情報を集いの場の冊子などに掲載するなどして、周知に努めている。

 

区として、もっと戦略的に事業展開してはと考える。推進していく上で計画的な考えを持っているのか、戦略的に展開するべきでは

 年に2回介護者の会で連絡会を開催。情報提供などを行う場を提供している。ケア24が中心となって支援しているが、グループホームの整備などに合わせ、活動したい団体にスペースの提供依頼などしている。

 

認知症サポーターからは、活動の場が無いという声も聞こえてくるが、地域の中に理解者がいるということが重要。サポーターの数や活動状況、また、要望などは聞いているか。

 サポーター22400人いる。日常の生活や仕事の中で見守りやちょっとした手助けをしていただいている

 地域のサロンなどで活動されているが、声かけの実践はかなり難しい。街歩でのきこえかけ訓練を高円寺や阿佐ヶ谷の商店街で行った。

 

(認知症サポーターって結構たくさんいらっしゃるのね。中学生でも、研修していたりするので、数としては多いのです。ただ、まちの中で実際に俳諧している高齢者などに声をかける事例は、とても少ないですよね。実務的な活動もさることながら、地域に理解者が増え、安心できる「まち」であることが、重要だと思います。以下は意見として述べたものです)

 

今や介護は避けて通れない社会問題となっているが、一人の人間が何人もの人を介護する人生もあれば、介護を経験しない人もいる。今後の高齢社会を地域で支えるという意味からも、核家族が進み高齢者と触れ合うことが少なくなっている小中学生に、老いるということや、認知症への理解、介護保険制度の仕組み、介護分野の仕事のなどを知る機会を提供することも重要だと思う。拡充されることを望む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1