ブログ

敬老会に出席して

今年の敬老会は、5,6,7日の3日間。式典の後の第二部は、日本フィルハーモニー交響楽団の演奏でした。

午前の部、午後の部の分けて、3回と、最後の日は2回の開催でしたので、計8回。毎回盛況で、多くの高齢者の皆さまが、ご来場されていました。

 

私は、3回ほど出席させていただきましたが、区長の挨拶からすると…現在、杉並区内の100歳以上の高齢者は130数名ほど。そのうち、男性は約50名。いかに、女性がお元気かということですね。ストレスや痛みに強かったり、生きる力が元来備わっているからといいうことかもしれません。男子、頑張れ!!区長の挨拶は、それだけではなく、女性の社会進出に伴う子育て支援対策などの強化や、子ども支援のことを話していました。これからの社会、どの世代に対しても、また、社会的弱者に対するよりきめ細かな施策が必要だなぁと、思いながら、はつらつとお元気そうな皆さまのお顔を拝見していました。

 

昨年も第二部は、日フィルの演奏。昨年も同じでしたが、とても好評だったということで、今年も友好提携しているという関係もあり、日フィルの皆さまにお願いしています。高齢者だからといって、必ずしも歌謡曲や演歌というわけではないのですね。

クラシックというよりは、耳慣れた曲がどなたにも受けているようです。演目の中には、大河ドラマ「真田丸」のメインテーマ。映画「ゴジラ」のテーマ曲、「見上げてごらん夜の星を」「ふるさと」などの歌もあり、皆さんとても楽しまれていました。


関連する記事