ブログ

落ち着くところに落ち着いた…

先月29日から平成28年度の決算を審査する、決算特別委員会が開催されています。9日間は、委員会室に夕方の5時まで缶詰状態で、お天気なのか雨降りなのかも分からないような状況。ただ、議員控室の私の席からは、お隣の阿佐ヶ谷中学の校舎や校庭が見え、遠くのビルや住宅、大きく広がる空が見えるので、休憩時間は気分転換ができます。遠くの雨雲を観て、あの辺では降ってるのかしら?なんて思いながら、外を見るのって、実は大好きです。

 

連日、暇さえあれば、新聞・テレビのニュース・ワイドショー・ネットなどを読みあさり、半分以上怒りながら文句というか、独り言を言っています。そう、衆議院選挙の行方。地方議員である私たちは、成す術もなく静観するしかないもどかしさ。

 

民進党が丸ごと「希望」と合流するという力技。やはり、無理がありました。最初に聞いた時に「ありえない!」、「これまで言ってきたことや、やってきたことを変えられるの?」と思いましたし、手続き上、そう容易に進むはずがないと。言いたいことはいっぱいあるけれど、恨みつらみを書き立てても…ね。いずれにしても、どちらかと言えばリベラルな考え方で、今まで活動してきた私にとって、枝野さんや長妻さんを中心に「立憲民主党」ができたことはとても嬉しい。言い訳をするのではなく、これまで通りの主義主張ができることが、こんなに自然で自由なことなんだと、改めて感じています。本当に良かった(^◇^)