ブログ

子ども支援対策について

10月も最後の日となりました。今日は、ようやく衣類の入れ替えができました。世の中m断捨離が言われていますが、「まだ、着れる。まだ、使える」と思うと、なかなか捨てられず、物の片づけに振り回されている自分が情けない。何年も着ていないものは、潔く捨てるべし というルールだということですが…

 

今回は、保健福祉の制度で、子ども分野のことを2つ。

 

最初は、放課後等デイサービス事業についてです。

放課後等デイサービスは障がい児に対応した、放課後の居場所(学童クラブの機能ですが、活動の内容は、皆でおやつを食べて過ごしたり、ちょっとした機能訓練やプログラムをこなしたり、内容は事業所によってさまざまです)

杉並区ではかつては区が独自に補助をして、「地域デイサービス事業」として展開していましたが、今は、法制度嘉されたために、事業として定着してきました。数えてみたら、現在19事業所。

 

そして、今回は、社会福祉法人「八成グループ」が選定されて、医療的ケアが必要な重症心身障がい児に対応した放課後等デイが開設される予定です。開設は、来年の3月の予定。

 

そして2つ目は、子ども家庭支援センターの機能充実について

現在東京都が運営する児童相談所を、いずれ(まだ明確な時期は分かりません)杉並区で運営していくこととになっています。身近な自治体で対応することが望ましいのですが、施設や体制、人員、財政面など、実態に伴った移管がされるよう、以前から指摘されているところです。

杉並区では、子ども家庭支援センターで、児童虐待を始めとするさまざまな相談業務を行い、電話相談「ゆうライン」で大人や子どもからの相談に対応しています。今後は、児童相談所開設のための準備として、杉並区を保健センター単位で3つのエリアに分け、機能31年以降、3ヶ所の地域型子ども家庭支援センターを整備することとなりました。身近な地域でよりきめ細かく、さまざまなケースに

対応していく中で、関係機関との連携の仕方や困難事例への対応等、データを蓄積することや人材の育成が望まれるところです。