ブログ

杉並清掃工場 画像で紹介

前回の続き、杉並清掃工場の落成の折の見学の画像をアップしておきますね。

         

   

 

 子ども達の環境に関するポスター 

  

 ごみの出し方や地球環境を守るためのポスターがたくさん展示されています。 

 これも、地域との交流を深めるための一つの取り組みです。    
            

こちらは、ごみの処理のことと、3Rについての取り組みが書かれているパネル 

 

 リデュース  無駄なごみの量をできるだけ少なく

         すること

 リユース   一度使ったものも、ごみにしないで

         何度も使うこと

 リサイクル  使い終わったものをもう一度資源化

         し、製品を作ること

リユースは、昔ならばお酒やビールの瓶などがリユースされていましたが最近は 

そのような取り組みもめっきり減ってしまいました。生協さんなどでは、瓶の形

や大きさを統一して、独自に回収してリユースいています。 
               

 

   

 

新工場の操業開始とともに、皆さんの地域のごみの収集時間が少し変わっていませんか

 

日々、回収されてきた可燃ごみは、計量器で重さを測った後、プラットホームというこの場所で、黄色いゲートが開かれ、バンカにごみを投入します。
 

                                                  

                   ↑

                  ごみバンカ・ごみクレーン       

             

焼却炉は、800°C以上の高温で24時間、連続焼却されているそうです。     

工場内の各設備の監視や操作は、24時間体制で、この中央制御室で全て行われているとのこと。

担当の方々は、各々ずーっと、燃え盛る炉内のモニターを見つめて、監視されてい

ました。