ブログ

「すぎなみフェスタ」と「アトムフェスタ」で楽しみました(^。^)

先週末、4日の土曜日は杉並の桃井原っぱ公園で開催された「すぎなみフェスタ」に、5日の日曜日には高田馬場駅の近所の新宿区リサイクル活動センター・高田馬場福祉作業所で開催された「アトムフェスタ」に行ってきました。

 

杉並フェスタは、数えてみると6回目になります。昨年の来場者は2日間で概ね10万4000人。今年も、お天気にも恵まれたので、昨年以上の来場者かもしれません。杉並区で事業をしているさまざま事業所や団体が、135団体、出店していて大賑わいでしたし、メインステージでは「それいけ!アンパンマンショー」や「ウルトラマンジードショー」、高円寺エリアで毎年大人気の大道芸など、家族連れが多くて、ファミリーで楽しまれていました。お子様を中心に定着していることが、本当に嬉しく感じています。

 

さて、「アトムフェスタ」のほうは、次男が通う福祉事業所の「カレッジ早稲田」の生徒たちが、模擬店・手作り小物のバザーで参加しているので、初めて伺いました。

 

高田馬場駅近くのこじんまりとした施設なのですが、地域で定着しているようで、建物前の道路には人があふれかえっていました。

 

ステージでのショーや、参加型のコーナー、スタンプラリー等、ちょっと覗いてみようかなと思わせる取り組みが多いことや、リサイクルを推進しているので、マイカップ、マイお皿、マイはしを持参すると、ポップコーン券がプレゼントされるということも、魅力の要因ではと思います。カレッジ早稲田の生徒たちが作る「わた菓子」は小さいものだけれど、10円と、お安い!!  

 

  アトムと一緒に

 

鉄腕アトムの作者 手塚治虫氏の「虫プロ」は高田馬場にあるため、高田馬場のまちを象徴するものとして高田馬場駅の駅で流れるメロディーは「鉄腕アトムのメロディー」なんです。

 

タンタンたたたたーん♪♪ っていうだけで、メロディーが浮かんできますよね。私が小学生の頃に鉄人28号とともに、大好きだったアニメです。

 

鉄腕アトムは、「新宿未来特使」に認定されていて、夢と未来への希望を与えてくれる夢前案内人として活躍されることが期待されているんですって。新宿区内のイベントや行事に参加しているそうですが、来ました、来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、鉄腕アトムと2ショット、でご機嫌でした (^_-)-☆