ブログ

保育施策について

毎日寒いですね。インフルエンザが大流行のようです。私の周辺では、インフルエンザB型にかかっている人がたくさんいて、毎日、移らないようにと、ドキドキしています。

 

インフルもさることながら、アニサキスやカンピロバクターによる食中毒で、飲食店が数日営業停止になる事例が、発生しています。

ということは、辛い症状にみまわれた方が、何人もいらっしゃるってことですよね。                             イカや魚の内臓から出てくる寄生虫アニサキスは、生の鯖を調理したもの。お酢に漬けても生きていますが、冷凍にすると死滅するので、冷凍から解凍したものを料理してくださいね。                                            カンピロバクターは、主に鶏肉。こちらは、冷凍しても死滅しないそうですから、生肉や鶏肉のササミの湯びきなど、食べないようにしてください。アニサキスは尋常じゃない痛さらしいですし、カンピロバクター症も、ひどい下痢と体のだるさで。とても辛いそうです。

 

さて、杉並区での4月からの認可保育所等の利用の申し込み者数について、状況の報告がありました。昨年の12月のものなんですが、一時申込者の数は昨年より359名少ない3890人。昨年は4000人超えの4249人だったのですね。

昨年に比べて、1歳児が-114名、2歳児が-179と減少が大きな値となっています。12月段階での第一次申込者数ですので、今後、どのように推移するかはまだ分かりません。

 

杉並区では、昨年は2300名の定員増を図りましたが、地域的な偏在があったり、0〜2歳までの小規模施設や家庭的保育事業所などで育った子どもが3歳になった時の転入先の確保など課題もありました。それらの課題も解決しつつ新規整備を行ってきて、この4月に開設予定の新たな施設は30所、定員は1562名の増と報告されています。

今年こそ、待機児童が解消できると良いのですが。