ブログ

平成30年度予算

9日から、第一回定例会が開催されています。

来年度予算を審議する予算特別委員会を含み、3月の15日までの会期です。

同じく9日に始まった平昌オリンピック。私は、スケートもスキーもスノーボードも大好きですので、楽しみです。そして、カーリングの試合も…。ドキドキ・ワクワクしながら、観戦しています。

 

初日には、区長の予算編成方針が述べられ、その後各交渉会派(4人以上の会派)の代表者による代表質問が行われます。一般質問では大きなテーマには区長も答弁しますが、概ねテーマごとに担当する各所管の部長が答弁します。これに対し、代表質問には全て区長が答弁するという意味では、それなりの重みのある質問の場となります。私が所属する、「区民フォーラムみらい」は、幹事長の安斉議員が質問に立ちましたが、私はこの質問の中に、「障がい者スポーツの拠点整備」と「精神障がい者への地域移行」等の詳細を加えてもらいました。

 

重点的な施策を掲載しますが、文言の列挙だけでは意味不明な部分も多いので、区長の予算編成方針をアレンジする形でご紹介しますね。

 

平成30年度の一般会計予算は1799億2700万円と、過去最高の予算規模となっています。

そして、総合計画の最終段階に向けた「未来への道を拓くステップアップ予算」とされています。

安全と安心への対応・保育園や学童クラブの待機児童対策・高齢化に対応した施設整備は在宅介護の充実などには、これまで通り精力的に力を入れていくことを前提として、総合計画の重点政策に基づいて、次のような施策となっています。

 

「災害に強く安全・安心に暮らせるまち」

 

昨年公表した地震被害シミュレーションの結果や平成28年4月の熊本地震の被害状況を踏まえ、昭和56年施行の新耐震基準以降から平成12年施行の現行の耐震基準以前に建てられた木造住宅の所有者のうち、高齢者等の災害弱者に加えて、地震保険の加入者を対象とする耐震診断・耐震改修工事の助成制度を設ける

 

被害が大きいと想定される地域に不燃化助成と感震ブレーカーの設置支援の対象範囲を拡大

 

一時滞在施設などの地図情報を掲載した「帰宅困難者支援マップ」を作成。商店街、町会等への周知を図り、帰宅困難者対策を図る

 

木造住宅密集地域を中心とした不燃化                        

特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化

狭あい道路の拡幅整備

 

「安心に暮らせるまちづくり」

 

街角防犯カメラの増設

区民からの相談に迅速に対応するため「振り込め詐欺対策専用ダイヤル」を設置。

自動通話録音機の設置を拡充

杉並版避難実施要領を作成し、区民への周知大規模テロや生物剤・化学剤を用いた兵器による攻撃などの緊急対処事態等が発生した際に、区民の一斉避難や広域避難を迅速に図る)

 

膨大な量になりそうなので、続きは次回にしますね。