ブログ

保健福祉委員会の議論から

20日は、保健福祉委員会が開催されました。今回の委員会では、何と10本の議案が付託され、報告事項の質疑も含め、終了したのは7時前。正直、とてもしんどい一日となりました。

 

保健福祉委員会のに付託された議案と、内容を掲載いたします。

 

杉並区立こども発達センター条例の一部を改正する条例

 医療的ケアが必要な、 重度の障がい児に、居宅を訪問して発達支援を提供するサービス等が新設されました。現在は、「ヘレン」や「わかば」で対応していますが、データを取りニーズを確認するとのことです。

 

杉並区指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営等の基準に関する条例

高齢者と障碍者が同じ事業所でサービスを受け宇アスクするため、介護保険と障がい者福祉制度に「共生型サービス」が位置づけられました。障がい者福祉の事業者が地域密着型サービス事業者の指定を受けるための規定です。

 

杉並区指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営等の基準に関する条例

介護保険法の改正により、4月から、これまで東京都が行っていたケアマネの事業所の指定等を杉並区で行うための基準の設定です。

 

杉並区立保育所及び小規模保育事業所条例の一部を改正する条例

現在梅里2丁目の施設で運営している馬橋保育園が高円寺南に新施設を作って移転。その後7月に、杉並保育園が移転した後、31年度からは民営化されます。近隣の老朽化した施設の改築のために、順繰りにトコロテン方式で移転するのですが、区立保育園の民営化については、新しい運営事業者の選定方法に関し、慎重な議論がなされました。

 

 

杉並区特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営の基準に関する条例の一部を改正する条例

国の法律改正により、幼保連携認定子ども園以外の認定子ども園の民定や事務が杉並区で移譲されたことによる規定です。

 

杉並区住宅宿泊事業の実施の制限に関する条例

国の住宅宿泊事業法施行に向けての、杉並区の制限に関する規定です。住宅地が8割以上である杉並区では、住民の住宅環境を守る視点から、ホスト不在型の民泊事業については制限をかける方向で条例化されます。法の施行は6月ですが、3月15日から事業者の登録が始まります。(この条例は、別の回に詳細を記しますね)