ブログ

保健福祉分野の質疑から 放課後デイサービスと移動支援

いよいよ暖かくなってきて、我が家の玄関脇のハナカイドウのつぼみもほころび始めました。

さて、予算特別委員会での保健福祉分野の質疑。

子育て支援では、ファミリーサポートセンター事業についても質問しました。

 

ファミサポは、国の事業として行われているため、自治体の独自裁量でできることは多くはありません。現在杉並区では社会福祉協議会に委託して、事業を行っています。子どもを預かってもらう利用者と自宅で預かる協力員との相互のマッチングや、協力員の人材確保、研修、事故などに対応する補償の問題など、整理すべきことは、多く、今後も継続するための課題整理が必要との質問をしました。

以下、要望したことを掲載しますね。

 

(協力員の減少、利用者のニーズが変化してきていること。マッチングが難しいこと。当区の事例ではないが事故や虐待の報告もある一方で、提供者にとっては何かあった時の保証がないこと。等々、課題や問題点が指摘されている。しかし、地域の子育て支援事業として、最前の対策を講じ充実することを求める。)

 

障がい者施策では、放課後等デイサービスと移動支援の2点について、質疑しました。
 

 

放課後等デイサービスについて 
 

今後の方向性として、国は、質の向上を図るために、事業者の自己評価や結果の公表をすること。これまで一律の単価設定だったが、中・重度の利用割合に応じた設定としていくことなどを示しています。杉並では、昨年8月から独自の学齢期の発達支援事業を行っていますが、今後は、学校との連携などをより強くすることと、デイサービスの質の向上を求めました。

移動支援について 

 

現在では、家から目的地、家に帰宅というコースが基本とされています。しかし、一般的には、学校や職場から、そのまま目的地に出かける、という行動が私たちの自由な生活スタイルです。生活実態に即し、使いやすさ、効率性を考えると、学校や作業所から直接目的地に出かけること可能としていくべきではないか。

 


利用者の障がい特性や生活スタイルにフィットした、効率の良い利用ができるよう改善に期待する。
さらに、目的が明確な外出の他に、利用計画は週単位となっているために、ガイドヘルパーに伴われて区内の施設をグルグル回っているという事例もあるようです。つまり、行き場がないということ。
具体的な妙案は無いが、多世代交流館はもとより、例えば、土日の障がい者施設・作業所の利用を可能とするとか、誰でもいつでも、気軽に立ち寄りってくつろいでいいよ、というちょっとしたスペースが、整備されることを求める