ブログ

下井草消防署落成式の救急隊八隊式

先日、16日に東京消防庁、荻窪消防署の下井草出張所の庁舎落成式と救急隊八隊式が行われ、出席してきました。

 

正式名称でいうと、ちょっと難しいのですが、下井草駅近くの消防署がリニューアルし、新たに救急隊が組織されたということです。

救急隊には、女性隊員も含まれていて、「女性からの救援用政治に役に立てるよう頑張ります」と表明されていました。

そう言えば、救急隊員は男性というイメージが定着していますよね。私の母も数回救急車のお世話になりましたが、今思えば、あの時、女性隊員が傍で寄り添い声掛けしてくれていれば、どんなに安心したかと思います。

 

昨年の東京都の救急隊の出場回数は、78万5000回。毎年、更新しているそうで、その4割が高齢者からの要請。今後、高齢化が進むことを考えれば、さらに増えることは容易の予測できます。

 

そして、救急隊が現場に到着するまでの時間は、28年より11秒短縮されて、平均7分19秒だそうで、2020年の東京オリンピックの開催に向けて、7分にしていくことが目標となっているそうです。

 

救急隊出場一回につき、約5蔓延の税金が自治体から払われているというデータもあるんですよ。

 

搬送されて診断を受けた結果、軽症だったというケースは約半数だそうです。救急車を呼ぶか呼ばないか、迷った時には東京消防庁救急相談センター「#7119」で相談することも有効ですね。

 

そうそう、5月20日の杉並消防団操法大会で、私が所属する第6分団が優勝しました。秋には東京都大会に出場の予定です。

昨年は荻窪消防団で優勝した荻窪第一分団が昨年秋の東京都大会でも優勝。今年の秋、全国大会に挑戦する予定です。

1年遅れで、全国大会が開催され、昨年の日本一が決まるというサイクルなんですね (^_^;)

選手の皆さんの日夜の努力は、暑ーい夏も続きます。


関連する記事