ブログ

町内会の防災研修バスハイク

「お暑うございますぅ〜💦」と、言いたくはないけれどつい口から出てしまいます。

水分補給に気を付けながら、今年は塩タブレットと買って舐めるように心がけています。

 

昨日は、例年行われる町内会の防災研修のバスハイクに次男と共に参加してきました。

毎年開催されるのですが、なかなか日程が合わず、久しぶりの参加となりました。

 

江東区にある国の「東京広臨界広域防災公園・そなエリア東京」で、体験学習〜その後中華街まで移動し昼食〜三渓園を見学という、ちょっとゆっくりとした一日になりました。観光バスに乗って臨海副都心の景色を眺め、中華街や三渓園を散策するという、比較的楽ちんなはずなのに、帰ってきたらものすごく疲れてしまって、役員さん達は、どんなにお疲れだっただろうと思います。

 

町会の役員さんや民生委員さんなどは、少しずつメンバーが替わって若返っていたりするのですが、多くの方に知的障害がある次男の顔を知ってもらい、どんな特性があるのか、何が苦手なのかをご理解いただきたいという思いもあり、何時も次男と楽しみながら参加しています。

 

この施設は東京で大震災が起きた時、国の緊急災害現地対策本部が設けられ、指令本部となる場所です。

「そなエリア」は、大地震が起きた時に、国や自治体の支援体制が整うのは約72時間後。その72時間、つまり3日間がお何とか自力で生き残るための、耐震対策や知識を身に付けてもらうための防災体験学習施設です。

 

改めて、家具の転倒防止、ヘルメットや防災頭巾(私は、不要になった靴も寝室に置いています)、水を始めとした備蓄品、簡易トイレを準備しておくこと、そして家族の安否確認のための「171」の使い方の確認、共有が重要だと思いました。

 

                 

 

              

                     そなエリア東京のエントランスで

          

 

 

 

              

                            三渓園で