ブログ

区長からの提案

区長就任に当たって示された、区政の方向性を列挙の形になりますが、記しておきます。

 

これまでも、これからも多分そうでしょう、とにかく変化の激しい時代に迅速に適格に施策を展開していかなくてはならないと思います。最新の区民意向調査では95.7%が「住みよいまち」と評価し、85%が定住意向を示しているという結果となりました。そして、民間企業の調査ですが、「本当に住みたい街対象2017」では南阿佐ヶ谷が一位に、「共働き子育てしやすい街ランキング2017」では全国8位に選ばれたという事実。私は阿佐谷北に住んでいますが、「本当に?」という思いも無くはないのですが…。まあ、誇らしくもあり喜ばしいことです。これらの高い評価を裏切ることなく、真に住みやすい愛されるまちにしていきたいものです。

 

区長の提案内容

 小学校通学路に面したブロック塀の除却・軽量フェンス、擁壁改修への助成

 狭あい道路の拡幅

 新耐震基準木造住宅へ助成対象拡大

 不燃化助成の対象地域拡大

 馬橋公園隣地の国家公務員宿舎跡地を年度内に用地取得→防災機能の強化

 

 振込詐欺防止 高齢者世帯向け自動通話録音機の貸与を400台→1000台へ

 

 食品ロスの削減→フードドライブの常設窓口を増設

 新たな資源回収品目の調査・検討

 

 「(仮称)荻窪駅周辺都市総合交通戦略」策定 

 「(仮称)阿佐ヶ谷駅北東まちづくり計画」策定

 東京2020東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、大会の機運醸成のための取り組み

 7万平米の公園面積の拡張、都市農業の振興

 

 高齢者の就労支援

 認知症の早期発見・早期対応 自宅介護者支援のためのショートステイや小規模多機能居宅介護の整備

 複合的な課題を抱える世帯への支援体制の強化

 特別養護老人ホーム・認知症高齢者グループホーム整備の目標達成

 

 地域型子ども家庭支援センター(3所)設置

 児童虐待対応ワーカーの増員

 

 子ども・子育てプラザの各地域への整備 

 学童クラブの受け入れ枠の拡大

 全小中学校の特別教室、体育館へのエアコンの設置

 

 以上、新しい取り組みにを抜粋しました。あれ?学校のことは?保育のことは?というご意見もあるかもしれませんが、もちろんこれまでに計画されているものは、ルーチンワークとして粛々と進められているのが前提ですので、ご安心くださいね。