ブログ

跡地利用において、クライミング施設を

杉並区では、老朽化した施設を施設再編計画にのっとり延命化や改築、施設の機能を変えたり、複合化したりと随時進めてきています。そして、再編後に生み出された跡地を、今後どのような施設にしていくかも、合わせて考えているところです。(非常に簡単な説明ですが)

跡地の利用を考える上で、今回は、若い方々からのご意見を踏まえ、クライミング施設を設けることを提案しました。直接的な要望型の質問はあまりしてきていないので、かなり迷いましたが、親子連れや障がい者等、多くの方が楽しめるスペースになればいいなという希望も込めて、取り上げました。 

 

富士見ヶ丘小学校・杉並中継所、杉四小学校の跡地について、今後民間の力を生かす手法を用いるとのこと。サウンディング型市場調査も示されているが、どのような手法か。

 

廃校後の学校の施設の跡地活用などを前段階で公募により民間事業者の意向調査、民間事業者の直接採用で取り組み内容や公募条件の整理を行う手法。

 

他の自治体での取り組み事例は。

 

豊島区中学校跡地の活用にあたり、スポーツ施設を候補としている。複数の事業者が手を挙げていて、テニスコート、フットサル、クラブハウス等、多目的に利用できる施設としている。6月に計画としてかたまり、予定としては34年度と聞いている。

 

地方都市での採用が多いようだが、土地が持つ価値が違うので慎重に取り組んでいくべき。 企業のアイディアをどのように守るのかという課題もあると承知している。跡地の活用は、基本は周辺の地域住民と共に、地域のニーズを吸い上げ、合意形成を図っていくプロセスが重要であることは言うまでもない。

 

新しい杉並区内の施設にクライミング・ボルダリングの施設があったらいいなという要望を若い区民からいただいている。 

世田谷区の烏山中学校では、温水プールと体育館にクライミングウォールを設け、利用者は比較的安価な利用料金を負担する形で、スポーツ振興財団が運営している。

杉並区民も、この施設を利用するために出かけている人のいるとのこと。クライミングとボルダリングは2020東京オリンピック・パラリンピックの協議にもなり、注目を浴びているのはご存知だと思う。

  

クライミングは一定の講習を受けなければならないが、ボルダリングはマットを敷いて行うため、設定によっては乳幼児や障がい者んあど比較的広い層も楽しむことができる。例えば杉並中継所跡地に設置すれば、井草盛公園に遊びに気が寺立ち寄るということも可能。杉四ならば、駅近であること、体育館があることがメリットでもあり、子供園通園親子が集える場にもなり得る。一定のニーズはあるのではないか。イニシャルコストやタンニングコスト、安全管理など調査の上での提案ではないので恐縮だが、新たな施設の展開に当たって、区民のニーズを探ってみることを要望するがいかがか。

 

 跡地活用は重要な課題で行政需要をつかんでいかねばならない。杉四小跡地では、既に第二次実施プランを踏まえ、また杉八小も含め地元のご意見を聞き、対話も進めている。民間活力も取り入れていくことや、調査で示されたことをお示しし、進めていく。

 

オリンピック競技にもなり、テレビなどでも放映され話題となっている。区内で民間が行っている施設があり、「ゆう杉並」にもクライミング施設はある。我々もしっかり勉強しながら進めていきたいと思う。