ブログ

ドラムサークルの話

 

連日雨続きの選挙戦です。

この調子だと、投票率は低いのかも…ですが、今回の選挙は、杉並区では期日前投票の数がとても多いとのこと。18歳、19歳の方々にとっては、初めての国政選挙です。我が家の次男も都議選に続いて、2回目の選挙です。早目に期日前投票に行っておこうと思っています。

 

それにしても、選挙戦始まって間もなく、自民党が過半数に届きそう、希望が苦戦、立憲民主党に勢い等と報道されています。それぞれの党や候補者がこれをどう受け止めて引き締めるのか、また、有権者の皆さんの投票行動にどう影響するのか、報道のあり方等、いろいろと考えさせられます。

 

14日は、障害者福祉会館で「福祉会館まつり」が開催されました。                                       次男は、この1年、毎月1回、若竹会のドラムサークルに参加してきています。運動も音楽も得意ではないことを本人が自覚していて、定期的に何かの活動をすることは無かったのですが、ドラムサークルを体験したその日に、「やってみたい」と言ったのが始まりです。今年は、初めて「まつり」でのドラムサークルのパフォーマンスに参加しました。

 

この場で、とてもほっこりしたので、そのことをお伝えしますね。

 

ドラムサークルは、真ん中にいるファシリテーターの指示に従って、全員が丸くなってコンガを叩くのですが、みーんなてんでに好き勝手やっているのですが、始まった途端にファシリテーターの体の動きや手の動きに従って、パフォーマンスするのです。

太鼓って、叩くだけで音楽になる楽器だし、だんだんと高揚してくるものなんですね。

 

ファシリテーターの石川先生は、(ともすると、先生と呼んでしまうのですが)先生と呼ばれると必ず、「僕は先生ではありません。先生は教えたりする存在であって、ファシリテーターなんです。皆さんの案内人なんです」と訂正されます。これは、よく「先生」と呼ばれることがある議員にとっても、共通するものがあるかも。(私も、特別は資格や技術があるわけではないですし、「先生」ではありません。河津さんで、結構ですよ、とお伝えします)

 

そして、一緒し始めて10年になるけれど、「ダメ」とか「NO」といったことは無いとのこと。一人だけ違うことをやっていても、輪の中に入ることを強制するのではなく、その人にその他の人達が合わせる。そんな経験を積み重ねていくと、輪の中にいられることが心地良くなってきて、次第にみんなと一緒に行動できるようになるんですって。今時「排除」という言葉が注目されていますが、異分子を排除するのではなく、迎える、大勢が一人に合わせるということの大切さを、気づかせてもらい、思わず大きくうなづいてしまいました。

 

このドラムサークルは、生後6か月くらいの赤ちゃんから、90歳?くらいの高齢者、車椅子で足だけしか動かせないような方等、どんな方でも参加できる活動で、日本ドラムサークルファシリテーション協会が全国で活動を展開しているそうです。

ホームページを覗いてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 


落ち着くところに落ち着いた…

先月29日から平成28年度の決算を審査する、決算特別委員会が開催されています。9日間は、委員会室に夕方の5時まで缶詰状態で、お天気なのか雨降りなのかも分からないような状況。ただ、議員控室の私の席からは、お隣の阿佐ヶ谷中学の校舎や校庭が見え、遠くのビルや住宅、大きく広がる空が見えるので、休憩時間は気分転換ができます。遠くの雨雲を観て、あの辺では降ってるのかしら?なんて思いながら、外を見るのって、実は大好きです。

 

連日、暇さえあれば、新聞・テレビのニュース・ワイドショー・ネットなどを読みあさり、半分以上怒りながら文句というか、独り言を言っています。そう、衆議院選挙の行方。地方議員である私たちは、成す術もなく静観するしかないもどかしさ。

 

民進党が丸ごと「希望」と合流するという力技。やはり、無理がありました。最初に聞いた時に「ありえない!」、「これまで言ってきたことや、やってきたことを変えられるの?」と思いましたし、手続き上、そう容易に進むはずがないと。言いたいことはいっぱいあるけれど、恨みつらみを書き立てても…ね。いずれにしても、どちらかと言えばリベラルな考え方で、今まで活動してきた私にとって、枝野さんや長妻さんを中心に「立憲民主党」ができたことはとても嬉しい。言い訳をするのではなく、これまで通りの主義主張ができることが、こんなに自然で自由なことなんだと、改めて感じています。本当に良かった(^◇^)


秋晴れの朝のひととき

今日は、地元の学校というわけではないのですが、区立神明中学校の創立70周年の記念式典に出席してきました。

というのも、お世話になった方が地域運営学校(コミュニティスクール)の運営協議会のメンバーでいらっしゃるのと、数年前に校舎の改修工事を監査しに行ったことがあるというようなご縁があるもので。

 

70年というと、戦後間もなく創られた学校なんですね。杉並区内でも学力的に優秀とされ、進学校ということで通っている学校です。生徒たちは、皆な明るくて、すれ違いざまに「お早うございます」とにこやかに挨拶してくれます。住宅街の狭い敷地に校舎が窮屈な感じに建てられていて、方向音痴な私は、案の定、帰る時には迷子に。女子生徒に玄関口までの行き方を尋ねると、道案内してくれて、私が玄関を出るまで見送ってくれました。自転車で片道25分。ちょっとしんどいサイクリングでしたが、気持ちの良い秋の朝でした。

 

さてさて、保健福祉委員会の報告事項。たくさんあったんです。いずれも、重要なことばかりで、項目だけでは、何がどうなるのか分からない状態ですが、とりあえず列挙してみました。保育関係の報告が多く、今後の保育行政の方向性や保育所の利用者負担の見直しや、入所の際の基準表の見直しなど、とても重要な物が多かったです

 

放課後等デイサービス事業開設経費補助対象事業者の選定結果

上井草三丁目区有地における障がい福祉サービス事業所整備・運営事業者の選定結果

介護保険課の業務委託時期の変更

児童相談所設置に向けた子ども家庭支援センターの機能充実

保育事業についての個別外部監査報告書について

今後の区立保育園の役割と民営化の方針について

区立保育園の民営化等実施年度の変更及び平成32年度の民営化実施園について

保育施設の利用者負担の見直しについて

保育利用調整基準表等の見直しについて

認可保育所整備・運営事業者(平成304月開設)の選定結果について

杉並区保育室(委託型)の認可移行等について

放課後等居場所事業の実施時期の一部変更について

保育所開設時期の変更について


突然の解散風

本当に目まぐるしい世の中の動き!!

ついこの間、都議会議員選挙をやっていたのに (>_<) 

臨時国会早々に、解散という既定路線ですね。確かに、自民党が勝てるタイミングかもしれませんが、森友や加計の問題は置き去り。そして、北朝鮮の問題も目が離せない状況なのに…

 

民進党の所属議員としては、代表選挙前後のゴタゴタ(細野議員、山尾議員の離党。そして、まだまだ離党者が出そうですね。それぞれ思惑もあってのことでしょう。それにしても山尾議員の離党については、同じ女性としても期待大の議員だったこともあり、とても残念)は、本当に呆れてしまうばかり。小池都知事率いる新党の動きも脅威でもありますが、保身というか、生き残りのために、新党頼みで政治家として信念も何もかなぐり捨てて、みたいな姿が悲しいです。短い期間の選挙戦、有権者はしっかりと見極めて投票に臨まなければならないですね。

 

そんなことを、思いながら、ここ一週間は、体調が悪ーい。夏前から、フラツキひどくなっていたのですが、耳の中が水の中にいるみたい。そして、日によっては、頭の中がウワンウワンいって頭痛がするのですよ。寝込むような日もあり、慈恵医大で受診・検査してきました。MRIの結果をみないとまだ、何とも言えないのですが、ネットで調べてみると「低音障害感音難聴」かしら?

 

「突発性難聴」だったり、メニエールという友人が数人いますが、こういった病気や症状って年配の女性にとても多いんですね。

ほどほどに休みを入れながら、老化とお付き合いしていくような時期になっているんだと、自覚しています。


保健福祉委員会報告

 

19日開催の保健福祉委員会、条例改正などの議案が4本。報告案件が、14件と多かったのですが、想定していたようにとても時間がかかってしまって、報告に対する質疑は27日に、別枠で委員会を開催することになりました。

4本の議案の質疑と意見開陳を終え、採決が終わったのが7時前と、ほとほと疲れ果ててしまいました。

議案は以下の通りです。

    福祉に関する事務所設置条例の一部を改正する条例

    子ども・子育てプラザ条例の一部を改正する条例

    児童青少年センター及び児童館条例の一部を改正する条例

    区立保育所及び小規模保育事業所条例の一部を改正する条例

 

分かりやすいように簡略化して書いたのですが、条例文って何が書かれているのか分かりにくいですよね。新しく設置する施設や廃止するものについて、これまでの条例文に示されていたものから、削除するとか新しく加えるということから、「一部を改正する条例」と示されるんです。

 

順序も入れ替えて記しましたが、,らまでは、荻窪税務署とあんさんぶる荻窪の財産交換に伴い、福祉事務所が天沼三丁目に移転、子ども子育てプラザの新設、荻窪北児童館を廃止し、1年間荻窪保健所4Fに移転するというもの。

 

    は、区立の上井草保育園を廃止し、民営化していくものですが、今回は、事業者の選定方法などに質疑が集中しました。

天沼3丁目の複合施設の計画については、次回もう少し詳しく説明しますね。


第三回定例会始まる

先週の日曜日は、商連の女性部の皆さんが障がい者の皆さんを招いて開催してくださっている「ミニ運動会」に、次男と一緒に参加。

毎年恒例となっているこの運動会は、今年で36回目だとか。コツコツと積み上げて、回数を重ねていくって、本当に素晴らしいことですね。慣れ親しんでいる場所と、顔ぶれで、皆さん思い思いに競技を楽しんでいました。

 

春都も、すっかり慣れたようで、アンカーのタスキを掛けて走ったり、玉入れ、パン食い競争、炭坑節や東京音頭を踊ったりと、私から離れて一人で動けていました。少しずつ、少しずつですが、去年は出来なかったことが出来るようになっていて、それなりに大人っぽく、青年っぽくなっているんですねぇ…。

 

さて、11日月曜日から第三回定例会が開催されています。月末から決算特別委員会が開催され、来月13日が最終日です。

今回は、北朝鮮のミサイル発射などの問題や、地震や水害被害などから、杉並区の対策に関することを一般質問する議員が多く、その他にも、保育や子どもの居場所、家庭支援などがテーマとなっていました。

 

Jアラートが、朝6時頃に鳴った時、皆さんどんな行動をしましたか?「何も出来ないじゃんね〜」と、寝ぼけた頭で思いつつ、一方で「どうなる?どうなる?」と、妙に頭の中がクリアーになっていきました。実際、あの短い間に出来ることは限られているし、シェルターを備えているわけでもないし。

 

区としては、特別な訓練は、今の所考えてはいないとの答弁。でも、今後は、状況を見て訓練が必要ならば検討するって……そんな事態になったら一蓮托生  何も打てる手は無い。だから、外交、対話で回避していくことに努力するべきだと強く思います。。

 

19日は、保健福祉委員会ですが、今回は4つの議案と14件の報告案件と、とーっても分量が多い‼

私、委員長なので、委員会の議論が紛糾することなく、円滑に進んでいくよう、なんて考えると、すご〜いストレスです(≧∀≦)

詳細は、次回ご案内しますね。


敬老会に出席して

今年の敬老会は、5,6,7日の3日間。式典の後の第二部は、日本フィルハーモニー交響楽団の演奏でした。

午前の部、午後の部の分けて、3回と、最後の日は2回の開催でしたので、計8回。毎回盛況で、多くの高齢者の皆さまが、ご来場されていました。

 

私は、3回ほど出席させていただきましたが、区長の挨拶からすると…現在、杉並区内の100歳以上の高齢者は130数名ほど。そのうち、男性は約50名。いかに、女性がお元気かということですね。ストレスや痛みに強かったり、生きる力が元来備わっているからといいうことかもしれません。男子、頑張れ!!区長の挨拶は、それだけではなく、女性の社会進出に伴う子育て支援対策などの強化や、子ども支援のことを話していました。これからの社会、どの世代に対しても、また、社会的弱者に対するよりきめ細かな施策が必要だなぁと、思いながら、はつらつとお元気そうな皆さまのお顔を拝見していました。

 

昨年も第二部は、日フィルの演奏。昨年も同じでしたが、とても好評だったということで、今年も友好提携しているという関係もあり、日フィルの皆さまにお願いしています。高齢者だからといって、必ずしも歌謡曲や演歌というわけではないのですね。

クラシックというよりは、耳慣れた曲がどなたにも受けているようです。演目の中には、大河ドラマ「真田丸」のメインテーマ。映画「ゴジラ」のテーマ曲、「見上げてごらん夜の星を」「ふるさと」などの歌もあり、皆さんとても楽しまれていました。


ビックリ、でも嬉しい知らせ

 

21日からの週は、来年度の予算に向けて、日ごろからお付き合いのある各種団体と、政策懇談会を開催してきました。約20の団体の皆さんとお会いしましたが、いずれの団体も杉並区民の生活に密着した事業や活動をされている団体です。毎年、第三回定例会の前の時期、夏休みの頃に懇談の場を設けるのが恒例となっていますが、本当に充実した意見交換ができています。

 

さて、とっても私事ではありますが、この一か月で我が家には大きな変化がありました。嬉しいことに、息子と娘が、それぞれ第一子を授かったようで、来年の4月の初旬(どうやら予定日がほぼ同じみたいで…)に2人の孫が生まれてくることになるという報告があったのです。かねてから孫が欲し〜いと願っていた私にとっては、この上もない喜びですが、一時に2人とは…。順番的に後になった息子にこの話を聞かされた時は、ビックリして一瞬固まってしまいました(>_<)

 

これから、秋を迎え、冬を越してと考えると、長い長い時間のように思えます。そして、自分の時は、お産なんて特別なものではないと思っていましたが、嫁や娘のことを思うと心配で、心配で。でも、ここのところ不幸が多かったので、新しい命が芽生えたことは、率直に嬉しいことです。

 

杉並区では、保育所整備に力を入れてきていることを再三お伝えしていますが、産前産後の母親へのケアも充実させてきています。とは言っても、ここのところちょっと遠ざかっていた感もあり、妊娠中の検診の助成や、産後の保健師さんの訪問事業や相談事業、ヘルパー派遣、そして、赤ちゃんの検診事業や子どもプラザやひととき保育事業等々、今一度おさらいの意味のこめて勉強し直し、供給が不足していないか、手続き等使いにくい制度になっていないかチェックしなくてはと思っています (^_^.)

 

 

 


頭が痛い、自由研究?

「記録的短時間大雨情報」という言葉が頻繁に聞かれるこの頃。名古屋の一時間に6000回の落雷というのも、本当にビックリしてしまいました。世界的な温暖化とともに、日本の気候が変わってきていることを実感する日々で、心配ですねぇ。

 

今年の夏休みは、お天気が悪くって、子ども達はテンション下がりっぱなしだったのではないかしら?それでも、夏休み終盤に向けて、宿題をやっつけてる子ども達たくさんいるんでしょうね。

 

そう言えば、夏休みの工作キットや完成品のネット販売のことが、話題になっていました。今でもやはり、自由研究が宿題になっているんですね。かれこれ、約30年前、長男が小学1年生の時。「すず虫」を飼って、卵から孵って脱皮し成虫になっていく様子をまとめて、賞をもらい、科学館のメダルをいただいた経験があります。殆ど、私の作品だったのですが…。毎年毎年、親も一苦労でした。

 

さて、先月7月24日から、南伊豆町と連携して整備している特別養護老人ホーム(仮称)エクレシア南伊豆(来年3月からの改設)の入所申し込みが始まりました。これまでに2回、説明会が行われましたが、9月19日にも開催されるようです。エクレシアとは、ギリシャ語で「人々の自由意志により集うこと」という意味なんですって。東京から遠いということが、議会においても議論になりましたが、物理的な距離を埋める工夫がさまざま検討されています。ご関心のある方は、杉並区のホームページで情報が取れますし、直接区役所やケア24にご連絡いただいても大丈夫です。

 

 

 

 

 


毎年、夏に思うこと

私ごとではありますが、8月11日は、亡くなった父の誕生日。そして、この頃になると、6日の広島、9日の長崎の原爆記念式典の模様や、新たな資料や映像に基づいた戦争の記録や、原爆投下後の様子などの番組が報道されます。また、お盆の時期だからか、やたらと父と母のことが思い出され、「戻ってきてるのかしら…」なんて思ったりして。

 

父の故郷は広島ですが、私が4才まで暮らしていた所は、広島市の観音町という町です。爆心地からとても近い場所。私の広島での記憶は、隣の大家さんの家には一郎君というお兄ちゃんが住んでいたこと、大きな国道(と、勝手に思っていただけで、国道ではなかったのかも)を、ロバが引くパン屋さんが走っていたこと、はす向かいがお好み焼き屋さんだったこと、川の欄干で花火を見たこと、玄関の軒下で雨の日にままごとをして遊んだこと、大雨の後、側溝の「どぶ」に落ちたこと、くらい。今の地図上では、どの辺りの場所かは定かではありません。(母の生前に、ちゃんと聞いておけば良かった)

 

終戦間近、父は兵隊で外地にいたため、被爆しませんでしたが、父の姉と弟は被爆して亡くなっています。母は、学徒動員で山口県の柳井市の郵便局(なので、驚くことにモールス信号が打てるお婆さんでした(^_^.))にいたとのこと。原爆投下直後に、生徒たちは広島市内に手伝いに駆り出されていますが、母は週番だったために宿舎に残ったそうです。多くの友人が、恐らく二次被爆で苦しんだのではないかと、生涯案じていました。

 

以前から、両親のことや、私の幼いころの思い出を少し書いてみたかったのですが、そんな、話を何度も繰り返し聞かされてきたからか、やはり、今回、国連で核兵器禁止条約が122ヶ国の賛成で採択されにもかかわらず、日本政府が協議にも参加せず、署名しないという判断をしていることに本当に頭にきています。

 

「はあ?何故?何考えてるの?」と・・ 核兵器の保有国と非保有国の間で、橋渡しの役割を果たす?道筋が違うということのようですが、一流な言い訳だわ!!(気持ちをそのまま伝えたいので、ちょっと乱暴な言い方になってしまいました)

地球上で唯一の被爆という経験をした国でありながら、高らかに核兵器廃絶を叫べないなんて。悲しい…。ヒバクシャの方がおっしゃっていた、はらわたが煮えくり返るようだという言葉に「そうだ!!」と思わず声を上げてしまった私でした。