ブログ

杉並の夏の風物詩

今年の阿佐ヶ谷の七夕祭り 4日の初日に、消防団の七夕警戒で、夕方から9時までアーケードの中を巡回して警戒に当たりましたが、今年は例年のようにメッチャ暑いということはありませんでした。毎年、7080満員の来場客だそうで、夜の8時頃には大盛況に。

準備した、東京オリンピックのロゴがデザインされたウチワは、飛ぶようにはけて、あっという間に無くなってしまいました。(紺と白のコントラストがなかなか粋で、素敵なウチワだったんです)

 

七夕祭りは、今年で64回目を迎えたそうです。ということは、私が生まれる2年前、昭和29年から始まったということですね。戦後、9年程経ったところで、阿佐ヶ谷に人を集めるためのイベントを開催するにあたり、その当時の役員の方々は、各地の祭りを見に行って研究したという記録が残っています。私が生まれた年の昭和31年の様子を、当時の写真で見てみると、(今はアーケードになっていますが)レトロな昭和の雰囲気満載の商店街に、吹き流しとグレースケリーの大きな写真が飾られています。道行く人々のファッションや髪形は、私にとって懐かしいというよりは、直ちに記憶がよみがえり、直ぐにでもその時代に帰れそうな思いにさせられます。

 

さて、毎年、各商店や近隣のさまざまな団体が、その時々に流行ったものを張りぼてで創作し披露するのですが、今年の金賞は「パイレーツオブカリビアンのジャック・スパロウ船長」⇒微妙に怖い感じですが、雰囲気はよく出ていますよね。

パンダの親子や、ゴジラ、スパイダーマン、イケメンゴリラ「シャバーニ」(と、勝手に認識しただけかもしれませんが)等々、力作がたーくさんありましたよ〜。

 

          

                     

                     

 

子どもの手を引く親子連れの姿を見て、私も30年前は、上の子ども達を連れて、七夕祭りを楽しんだことを懐かしく思い出します。お隣の高円寺では、2627日に、高円寺阿波踊りが開催されますが、こちらは、61回目で、ほぼ同じ頃から続く祭りです。いずれも、区外の方々からも楽しみにされ、成長し続けている杉並の夏の風物詩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


秋田視察 

 

今回の視察のテーマの一つは、環境問題。会派の視察なので、ついでと言っては何なのですが、再生可能エネルギー、太陽光発電の先進的な事業を行っている事業者、株式会社AISESS アイセスの「農地転用ソーラーシェアリング」という取組も、山本区議のご縁で視察させていただくことができました。

 

場所は秋田市から北西に40分程で、八郎潟に近い南秋田郡井川町という所です。田んぼの中に作られた太陽光ソーラーシステム。まるで、藤棚のようなのですが、その下で稲がソヨソヨと揺れていました。

 

ベターとパネルになっている訳ではないので、太陽光を作物を育てるためのものと、発電するものとシェアするという意味でソーラーシェアリングというのだそうです。

 

日本の農業・農家と、再生可能エネルギー利用を両立させ、新時代の農業を発信するというのがこの会社の主旨ですが、農林水産省の許可を得るためには、一定の条件を満たすことが必要ですし、設備認定も受けなければならないなど、コンサルに委託しなければ個人では難しい状況。クリアしなければならない問題もたくさんあるようです。

 

     

 

 

 

  

    


徒然に思うこと

国政の状況、気になりますね。

 

24、25日の衆参予算委員会の閉会中審査は、多くの方々が注目されたと思います。

常識的な国民感情からすれば、十分納得できたというレベルの議論ではなかったですよね。参議院の質問の折の民進党の質問者の一人、桜井充議員は、今回の都議会議員選挙の際に、西村まさみ候補の選対委員長をされていたこともあr、何度も杉並にみえました。

 

桜井議員は、内科の医者で、日ごろは社会保障の問題や高齢者、子どもの健康状態や虐待などの生活環境などについても、現場感覚で問題点などを指摘されています。何と、生まれ育ったのは杉並の阿佐谷北5丁目ということで、我が家と同じ町内会。そして、年齢も同じ昭和31年の5月生まれと、幾つも共通項があり、びっくりしました。いつも、ポジティブで明確な物言い、そして若々しい雰囲気で、とても同じ年とは思えないですが…。

 

以前から名前は知っている国会議員という程度の認識でしたが、桜井議員と近しく話ができるようになったというのは、私的には、大きな収穫でした。今回の選挙では、民進党から原口一博議員、大島九州男議員、小西洋之議員、山尾志桜里議員なども応援でご一緒しましたが、いずれも素敵な議員ばかりで、頑張ってもらいたい方々でした。山尾さんは、テレビで見る限り、質問している姿はパキパキなイメージですが、身近な場での語り口は説得力があり、本当に心根の優しい方だと改めて感じました。

 

さてさて、今月は、動物愛護の議員連盟の勉強会があったり、会派の区民フォーラムみらいのメンバーで秋田に視察に行ったりと、盛りだくさんでした。

秋田といえば、私たちが視察でお邪魔したのが18、19日。その後、大変な豪雨に見舞われ、あののどかな街並み、水田、山の風景を思い出しながら、大丈夫だったかしらと心配しています。

 

 

今日、26日は、あの相模原の障がい者施設「津久井やまゆり園」の事件から1年。

文章にして語るのも、おぞましい…です。遺族の方々が、ポツリ、ポツリと語られる姿や、文章が報道されますが、それを見たり聞いたりするたびに、怒りと悲しみで涙があふれてくるのは、私の子どもも障がい児だからなのか。頭の中で、さまざまな思いがグルグルと回ります。この重い事件から、何を学び何を改善するべきなのか。固まったまんまですが、子どもとの生活を一日一日と過ごす日々です。社会の中で一人ひとりが自分の人生を生きていくために、障がい者のことをもっと地域の人に理解してもらいたい、と、若いママたちも、ささやかながら地道に運動をしています。この、積み上げなんでしょうか…

 

 

 

 


身も心もガタガタですぅ(>_<)

梅雨明けも間近のようですが、連日の猛暑、閉口気味です。

 

九州の大雨は、甚大な被害になっていますね。日常の生活が一変して、経験したこともないような被害に見舞われる、何と恐ろしいことでしょう。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。そして、地域の方々やボランティアの人々の活動も報道されていますが、一日も早く、穏やかな生活に戻れることを祈っています。

 

毎日、更新しなければと気になりながら、東京都議会議員選挙を挟んで、しばらくお休みした形になってしまい、ごめんなさい<(_ _)> しばらく体調が悪かったのですが、ようやく、復帰してきた感じで、体と頭と気力が一体的に機能するようになってきました。今回の選挙、マジ疲れたです。暑い時期にかかる選挙ということもあるけれど、頑張っても頑張っても空回りしている感が強く、本当に辛かったです!!

 

今回の選挙は、私は民進党公認の西村まさみさんに張り付いて選挙活動しましたが、定数6名のところ、9位という結果になってしまい、民進党の候補者は2人とも落選という結果でした。残念の一言です。(民進党を応援してくださった皆さま、本当にごめんなさい。)

正直、小池都知事の人気による都民ファースト旋風があれほどまでに吹き荒れるとは、予想はしていたものの、想定以上でした。でも、それ以上に、自民党の逆風の中で、対立軸としての民進党が有権者の受け皿になり得なかったこと、民進党支持者も都民ファーストへ流れてしまっていることの現実を真摯に受け止めなければ、グズグズと崩壊に向かってしまうという危機感があります。

 

昨日、総支部として総括のために、意見交換しましたが、

 

選挙結果の分析

党としての政策やビジョン、地域としての政策とのすり合わせ

広報戦略

選挙にどのような体制で臨むのかの方針の決め方

地域の選挙をサポートする民進党としての支援方法

民進党本部や東京都連の組織のあり方と、今後の組織体制

 

主な項目はこんなところを中心に話し合いましたが、ともすれば個人批判や文句になってしまうので、言いたいことは言って、問題解決のためにどのように動くのか、前向きに発展的に改善していくための会議に心がけました。

 

候補者の人選などは約1年前から取り組み、候補者は地域活動を展開していますので、各人の思いを思うと、そうそう簡単に一本化できるものではありませんでした。それにしても、小池都知事や都民ファーストの風や動向を勘案しながら、柔軟に戦略を変えるための判断や決断ができなかったことに、正直、組織力の無さや力不足を感じます。

 

東京都政を改革していくことには賛成としながら、告示前ぎりぎりに豊洲市場への移転、築地市場再整備と両論併記の形で方針を示した小池都知事に対しての立ち位置が、今一つ明確に打ち出せず、曖昧になってしまったことも反省点です。

 

いずれにしても、これから半年くらいは、政局も含めて流動的になっていくかもしれませんね。

今回は言い出せばキリがないほど、ああでもない、こうでもないと議論をしました。ただ話し合っただけではなく、地域レベルの総括をどのように吸い上げ、民進党自体が如何に立て直しを図っていくかが重要。私たち区議会議員は、このような状況にあっても民進党の候補者を選んでくださった支持者・区民の皆さまのために、これまで以上にしっかりと仕事をしていかねばならないね、ということで、第一回目をまとめました。

 

 


めでたい!めでたい!

5月の終わりに、姪が3人目の子どもを無事に出産し、可愛い写真を送ってきてくれました。とにかく、赤ちゃんは無条件に可愛い!! 元気に生まれてきてくれたことに感謝です(^_-)-☆

 

昨日、ようやく議会最終日。

本会議は午後1時から開始なので、ボランティアの受け入れに関して、近所の馬橋児童館に打ち合わせに行ってきました。

というのも、知人のお嬢さん(お母さんが日本人、お父さんがアメリカ人)がアメリカで暮らしているのですが、日本に里帰りしている間、地域の公的施設でボランティア活動をしたいというお話。アメリカのハイスクールでは、ボランティア活動が必修となっていて、約一ヵ月間、一週間に20時間ほど活動した結果を、書類に記録してもらって学校に提出するのだそうです。

 

いろいろ検討の結果、馬橋児童館での受け入れが実現しましたが、ちょうど、近所の馬橋小学校と児童館が連携して、英語のプログラムを実践し始めたそうで、彼女の英語力が児童館での日々の遊びで役に立ちそうです。こういった要請を児童館が快く受け入れてくれたことに感謝・感謝で、一か月後が楽しみです。

 

さて、前回に引き続き、保健福祉委員会での報告事項などの詳細を記しておきますね。

 

まだ、個別具体的な話にはなっていないので、質疑は多くありませんでしたが、来年は保健福祉計画が改定される予定です。計画案が10月頃までに作成され、11〜12月に議会報告、そして、パブリックコメントにかけられます。

 

保健福祉計画に包含されるものは、結構たくさんあって ⇒ 地域福祉計画、成年後見制度利用促進基本計画、母子家庭等及び寡婦の生活の安定と向上のための措置に関する計画、次世代育成支援行動計画、母子保健計画、健康増進計画、食育推進計画、がん対策推進計画 が、含まれる計画。

 

美奈さんの生活に密着した身近な計画もたくさんありますので、パブリックコメントの際には、よーく注意してご覧になって、ご意見など出してくださいね。

 

そして、別途個別に計画が作られるものは、データヘルス計画・特定健康診査等実施計画、老人福祉計画・介護保険事業計画、障害福祉計画・障害児福祉計画(これは、新規で策定するものです)、子ども・お育て支援事業計画 等々です。トータルで17本の計画がぶらさがっている計画の改定となります。いずれも重要な今後の3年間を(30年から33年)展望するものですから、さまざまなご意見をお聞かせくださいね。


保健福祉委員会

5日の阿佐ヶ谷駅南口の夕方の駅頭は、滝のような豪雨雨。松原仁都連会長が、都議選の予定候補者の西村まさみさんの応援にみえるということで雨にもめげず決行しましたが、終わる頃には雷雷がゴロゴロいいだし、怖かったぁエクステンション建物の中にいることが多いので、さほどに感じていなかったのですが、雷はゴキブリよりも嫌いかも。外で、しかも近いところでピカッ ゴロゴロ ドーンとやられると、飛び上がるほど怖かったです。

 

さて、6日は保健福祉委員会でした。議案は、ゆうゆう下高井戸館の児童館への移転に伴う条例一本だったのですが、報告事項が多く、5時前までかかってしまいました。委員長なので、終始ピリピリし通しで、疲れました。

 

ただ、委員の一人一人の、質問する時間は公平に十分に確保しなければならず、どうやってもハショる訳にはいかいのです。保健福祉委員会は分野が広く、日々行政は動いていますので、これからの委員会も長い議論になりそうです。

 

ゆうゆう下高井戸館移転。

高井戸第三小学校に併設されていましたが、下高井戸児童館の2階(かつて、学童クラブだったスペース)を改修し移転するもので、子どもと高齢者が同居する、多世代型の施設となります。

 

日常的に子どもと高齢者が交流できる場として、さまざまな触れ合いが自然な形で生み出されるというメリットに期待する一方で、リスクもあるだろうという議論のもと、責任の所在や、大規模災害等が起きたときの対応などを明確にし、複合施設だからこそマニュアルなどの作成が必要という意見がありました。

 

改修にあたり、アスベストが使用されていた部分があることが判明し、撤去工事をすることになったため、当初予定されていた開所時期が延びてしまい、10月からの開所となります。

 

その他、報告事項は、

 

杉並区保健福祉計画等の改定に向けた考え方

待機児童解消緊急対策の結果報告と今後について

30年4月開設の認可保育所の整備と運営事業者の選定結果について

上井草保育園の民営化に伴う運営事業者の選定結果について

臨時給付金の支給状況について

都営久我山一丁目第2団地建設計画に伴う都からの提供用地について

(仮称)天沼三丁目複合施設の整備について

 

でした。いずれも重要な案件ばかりですね。詳細については、次回に。

 

 

 

 


第二回定例会開催

先日28日は、杉並消防団の操法大会でした。

 

この日は、朝から気温と湿度が高くなり、お昼の終了式の頃には正直眠くて眠くて立っているのも辛い感じに。帰宅してからは、頭痛がひどくなり、数日体調を崩してしまいました。今、思うと熱中症の初期症状だったのかも…。水分補給には努めていたつもりですが、体力が落ちている時は要注意、怖いですね〜(>_<)

                      

私が所属する第六分団の操法の記録は、準優勝という結果でした。速さ、技術、規律など申し分ない仕上がりだったはずですが、ちょっとしたタイミングのズレからミスが出てしまいました。

 

春先から3か月間、連日練習(皆さん仕事が終わってからなので、夜7時から9時までの2時間)をしてきた選手の皆さんの気持ちを思うと、(応援していただけの私でさえ、こんなに悔しい思いをしているのですから…)本当に残念で仕方ありません。

反省は反省として、今後に生かし、「来年は、優勝旗奪還!」と結束を固めました。頑張れ〜旗
               

さて、30日から6月16日まで、第二回定例会が開催されます。

今回の目玉は、「いじめ問題対策委員会」を新たに設ける条例でしょうか。

他に、桃井第二小学校の改築の工事契約、阿佐谷南保育園の改築工事契約、西荻南の区民住宅の廃止の条例や、杉並第一小学校の改築計画が変更になったことによる、当初予算からの減額等の補正予算などが、提案されています。

 

 

 

 


臨時議会開催

昨日は、「杉並区手をつなぐ育成会」の総会に出席。子どもの学校時代の懐かしい先輩ママたちにも、久しぶりでお会いしました。

障がい者連合会の高橋会長の挨拶は、「多くの障がい者のための社会の運動として、大きな視野で活動をして欲しい。そのためにも、可愛い可愛い子ども達が自立するよう厳しく、そして子離れしなさい。」というお話でしたが、耳が痛い!!(>_<)

 

午後からは、臨時議会でした。17日に上程された議案「保育園の個別外部監査の契約」が、総務財政委員会で審議された後本会議で可決されました。その後の新たな委員会の所属委員が決まり、私は保健福祉委員会の委員長となることに決まり、引き続き議会改革特別委員会に所属することになりました。

 

区民の医療関連・健診や予防接種など健康推進の保健分野、介護やお元気な高齢者の高齢者分野、保育を始めとする子育て分野、子どもの児童館や学童などの児童分野、障がい者分野と、とても広い範囲を所管する委員会です。久しぶりの保険福祉委員会での活動に、ちょっとワクワクしています。

 


待機児童のこと

5月も早いもので、半分が終わってしまいました。暑かったり肌寒かったりですが、一年で一番良い季節ですね。5月の連休の後半は少し休んだのですが、7月の都議会議員選挙に向けての準備がいよいよ本格的になってきました。朝の駅頭は体力的にキツイでーす。

前回、待機児童のご報告をしましたが、今回は待機児童の考え方についての続きをしますね。

 

厚労省によると、認可保育所に入っていなくて待機とカウントされていない「隠れ待機児童」は昨年4月1日現在で約6万7000人。待機児童数、約2万3000人の約3倍近くに上るというデータがあります。

 

この3月31日に、厚生労働省通達において、国の待機児童の考え方の新しい定義が示されています。

簡単にいうと「親が育休中で、保育所に入所できた時に復職する意思の確認ができる場合は、新たに待機児童に含める・育休を延長した場合、親に復職の意思があれば待機児童として扱う。そして、自治体が独自に補助する認可外施設を利用している子や、親が求職活動を中止している子は、待機児童に含めない。」というもので、自治体に対し待機児童の親の実態を確実にあ確認したうえで判断し、支援を続けるように求めています。

 

これまでは、保護者が育休中の場合は「待機児童に含めないことができる」とされ、特定の保育所のみを希望している▽求職活動をしていない▽自治体が独自補助する認可外施設を利用している場合は「含めない」とされていて、自治体の判断や考え方によって待機児童の数が示されていました。より母親の実態や実感を反映した数字が求められていて、統一していくことが求められていました。

 

杉並区が4月27日の段階で示した、待機児童数は29名。国の定義によるものは、通告前の考え方でカウントしていますが5名。

2通りの数が示されているのは、これまでも保育料補助の対象外であるベビーホテル利用者、仕事を退職したり、内定を辞退、求職活動を止めた、育児休業を延長した人などを待機児童とカウントしてきているからです。今年度は、29名の方々に、丁寧に聞き取り調査を行ったとのこと。

 

杉並区長の田中区長は、育児休業の期間の延長することの必要性を国に求めています。同時に男性も育児休業を取りやすい社会環境にしていくことも、とても重要な対策だと思います。

 

 

 


待機児童結果報告

連日、朝鮮半島の情勢が報道されています。とにかく心配!!で、目が離せないです。私たち一国民にできることは、地下シェルターがあるわけでもないし、とにかく外交で平和的に収束することを祈ることくらいですね。

 

先日、26日は61回目の誕生日。あんまり、めでたくもないので、お祝いもしないのですが、娘がお祝いのケーキを作って訪ねてくれました。初めて焼いたシフォンケーキで、ショートケーキにしました。嬉しい、ささやかな幸せを感じるひと時でした。ちなみに4月26日は、チェルノブイリ原発の事故が起きた日なのですよ。(私が30歳の年、1986年のことです)

 

 

 娘が作ったバースデイケーキ

 

 あまり形が良くないイチゴだったので、スライスして乗っけることに。

 ワイルドな出来上がりです。

 

 自立している一粒イチゴは、弟のために。

                  

 

 

 

 

 

 

さて、今回は保育所待機児童について報告します。

昨年度は、待機児童解消緊急対策として40施設増、2348名の定員を増やした杉並区。緊急整備に際しては多くの反対意見や施設建設の際の近隣住民へのクレーム対応、保育士不足などの困難を抱えつつ、何とか今年度を迎え、その結果が注目されるところでした。

 

18日の結果報告によると、待機児童の数は国の定義によると5名。杉並区の独自の定義によると、30名という結果になりました。

今年度の認可保育所等申込者は、昨年度に比べると482名の増加。緊急対策を実施しなければ、520名の待機児童で最悪の事態になっていただろうという試算もなされ、まずまずの結果だったのではないかと思います。

今後も、需要の高い杉並の東部エリアでの整備を重点に、30年4月開所に向けて、引き続き精力的に取り組んでいくこととされています。

 

そして、今後の課題として議論されていく「区立認可保育園の民営化」については、区立認可保育園の基幹的役割、役割を担うために必要な量的ボリュームはどの程度必要なのか、障がい児対応を担う役割 などの見極めが重要だと思います。

 

文章の中で触れた待機児童の数。算定するのに、国の定義と自治体独自の定義と2つの考え方があるのですが、そのことについては次回に。

 

 ん